ヴィデオ・アートの歴史―その形式と機能の変遷

  • 16人登録
  • 1レビュー
制作 : Chris Meigh‐Andrews  伊奈 新祐 
  • 三元社 (2013年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (401ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883033515

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サン=テグジュペ...
ダンカン・ワッツ
國分 功一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

ヴィデオ・アートの歴史―その形式と機能の変遷の感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

ヴィデオ・アートの歴史―その形式と機能の変遷を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ヴィデオ・アートの歴史―その形式と機能の変遷を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ヴィデオ・アートの歴史―その形式と機能の変遷を本棚に「積読」で登録しているひと

ヴィデオ・アートの歴史―その形式と機能の変遷の作品紹介

ナムジュン・パイクによるTVインスタレーションの発表が1963年。その後の急速なテクノロジーの進展と結びつき、ヴィデオ・アートは現代美術の重要な表現形式となった。黎明期におけるテレビとの関係性、実験音楽、彫刻、身体表現といった他のジャンルとのかかわりを手掛かりに先駆的なアーティストたちの作品を解析することによって、その発展と議論の過程を検証していく。

ヴィデオ・アートの歴史―その形式と機能の変遷はこんな本です

ツイートする