社会言語学のまなざし (シリーズ「知のまなざし」)

  • 13人登録
  • 2レビュー
著者 : 佐野直子
  • 三元社 (2015年6月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883033843

社会言語学のまなざし (シリーズ「知のまなざし」)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (片山さつきさん風の文体でお送りしております)事情があって大急ぎで読みました!基本的に名著!英米社会言語学、大陸欧州の社会言語学、日本の方言学いずれにもきちんと目配りをしつつ、著者の基本的な姿勢は崩さない!バランス感覚とメッセージ性の両立!良書!教科書に最適!

  • 資料ID:21503632
    請求記号:801.03||S
    配架場所:普通図書室

全2件中 1 - 2件を表示

佐野直子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

社会言語学のまなざし (シリーズ「知のまなざし」)はこんな本です

社会言語学のまなざし (シリーズ「知のまなざし」)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

社会言語学のまなざし (シリーズ「知のまなざし」)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

社会言語学のまなざし (シリーズ「知のまなざし」)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

社会言語学のまなざし (シリーズ「知のまなざし」)の作品紹介

さまざまな「話すという事実」において、何がおきているのか。「社会言語学のまなざし」には、実際にことばを使っている「話者」のありかたと、その「ことば」が実際に使われているそれぞれの「社会」のありかたが、つねに含まれている。ことばが使われる現場とそこにいる「話者」を徹底してまなざし、そこにあらわめる「ことば」の多様な姿を、多様な形で記述することで見えてくるものとは。

ツイートする