インテル戦略転換

  • 220人登録
  • 3.81評価
    • (13)
    • (15)
    • (16)
    • (3)
    • (0)
  • 16レビュー
制作 : Andrew S. Grove  佐々木 かをり 
  • 七賢出版 (1997年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883043330

インテル戦略転換の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • う~ん、少し話が古いかな。

  • これが約20年前に書かれた本だとは信じられない。鳥肌立つ。一度アンディに会いたかった。
    Only the Paranoid Survive.
    何かが変わった。10xの変化
    影響を与える6つの力。戦略転換点。われわれの手で。シグナルかノイズか。カオスに統治させる。カオスの手綱を取る。インターネット。
    Keep learning.

  • トップポイント

  • パラノイア(病的なまでの心配性)だけが生き残る
    起業家とは資源を先賛成や収益性の低いところから高いところへと動かす人である(ピーター・ドラッカー)

    メモリ事業からマイクロプロセッサ事業へと転換する際に、「次期CEOがメモリ事業からの撤退を選択するのなら気持ちを切り替えて我々の手でやろうじゃないか」という一コマがあったそうです。今まで自らの強みだった部分を、時代の流れに合わないからといって、そう簡単に切り替えられるものではありません。自らに照らせば、明日から弁理士を辞めて経理をやりなさいと言われるくらいのパラダイムシフトです。

    本書で紹介されていたマーク・トゥエインの言葉である「一つのバスケットに全ての卵を入れて、そのバスケットから目を離すな」とあるように、一度浸かったからにはやめるつもりはありません。つぶしのきかない分野だけにリスクは高いですが、リスクは取らなければリターンはないと思っています。
     
    本書に中にはしきりに「変化」と「適応」という言葉が出てきます。「適応か、死か」とまで言われるくらいです。技術進歩のスピードが加速度的に速くなった現在においては、その変化を受け入れ巧みに適応できる人間が生き残れると言うことなのでしょう。技術スピードに比べれば、特許の変化など微々たるものかもしれません(早くて一年に一回なので)。

    しかし、時代に合わせて確実に変化しています。その変化についていくには努力が必要です。そういう意味では頑張った者が比較的報われやすい世界ではないでしょうか。ならば頑張るまでです。

  • 少々前の本になるが、「戦略転換点」の荒波と、経営者としてそれを切り抜ける激しさは、色褪せるどころか益々示唆に富むように思う。(戦略転換点:企業の生涯において基礎的に要因が変化しつつあるタイミング)

    ・耐え難いほど厳しい変化の中で1つの集団を導いてゆくという、困難で、不快で、危険な任務に身を投じるためには、決断をすることが必要なのだ。それはたとえば、映画「頭上の敵機」の一場面で、指揮官が車の外に出て煙草を燻らせ、遠くを見つめ、投げ捨てた煙草の火を靴のかかとでもみ消し、運転手を振り返って「さぁ、出してくれ」と言うときのように。
    ・戦略転換点は、ポーターの競争戦略分析でいうところの「代替」によって根本的に状況は変わりうる。
    ・組織が変貌する際に必要とされるもっとも重要な行動とは、旧来の考え方で配置されていた経営資源を、新しい考え方に合わせて根本的に再配置することである。
    ・つまり、彼ら(経営陣)は誰の目にも明らかで、正当な業務に日夜忙殺されていたいのであり、目の前に差し迫った経営戦略上の危機に対処するかわりに、当然のように時間をつぎ込め、進展が望める仕事が欲しいのだ。

  • Jamesに薦められて読んだ本。
    アメリカの経営者には珍しくビジネススクールのバックグラウンドではない人物であるが、ドラッカーの著作をよく例に挙げていた。

  • TOPPOINTビジネス名著20選より。


    事業の成功の陰には、必ず“”崩壊の壁が潜んでいると。
    そのために経営者は、常に外部からの攻撃に備える必要がある。
    それが最も重要な責務だと。


    著者はインテルの会長兼CEO。

  • インテルのグローブさんが、インテル激動の変革期について語った作品。メモリ事業での些細なミスに始まり、メモリ事業からの撤退、CPU事業への転換・成功まで現場の状態を見事なまで鮮明に表現している。従って当時のことを想像を巡らせながら読み進めていくことができる。また、かなり過去の本でありながら、当時のグローブさんの先を見通す力には目をみはるものがある。技術の進歩に伴い自社・競合他社・補完企業の状態を観察し、今後の未来がどうなるか想像する。またその未来に向けどのような戦略を講じていくべきか考える事の重要性を感じた。またいずれ読んでみたい。

  • 戦略転換点、つまり、企業の生涯において基礎的要因が変化しつつあるタイミングである。
    その変化は企業が新たなレベルへとステップアップするチャンスであるかも知れないし、終焉に向けての第一歩ということも多分にありうる。
    本書ではそのような転換点、ルールの変化がもたらす影響について、そしてその変化を見つける方法についてまとめたものだ。

    変化を見つける方法に関しては目新しいことは書いていなかった。

    例えば

    ・中間管理職とトップマネジメントとのフラットなディスカッションの場を用意すること
    ・銀の弾丸の標準を合わせる、補完企業の動向を分析する、人事のずれを分析するなど、業界の力学を分析すること
    ・その上で確固たるリーダーシップをとること

    などを挙げていた。

    しかし、言われてみれば確かにそうだが、そのような方法を確固たる意志を持って実行できるものがはたしてこの世に何人いるだろうか。

    おそらくジャック・ウェルチや著者など一握りの経営者だけだろう。

    言うは易し。
    振り返って今の日本の農業。
    日本が直面するTPPはまさしく戦略的転換点…なのか?
    それすらもよくわからない。
    過去の農政の失敗から末端の感覚すら麻痺している。
    今の日本の農業界はインテルが戦っている世界よりもさらに情報量が少なく、仮説が錯綜している。
    これはカオスなのか…
    それ以上なのかもしれないし、実はそんなことないのかもしれない。
    リーダー不在、情報不足、そんなよくわからないふわふわした世界を僕たちは進む。

    本が一冊書けそう。

  • 549.923/24
    新宿2階
    ※詳細はOPACを検索してください。詳細検索画面でISBNでの検索も可能です。

全16件中 1 - 10件を表示

アンドリュー・S.グローブの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ルイス・V・ガー...
ジョエル バーカ...
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
エリヤフ・ゴール...
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

インテル戦略転換を本棚に「読みたい」で登録しているひと

インテル戦略転換を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

インテル戦略転換を本棚に「積読」で登録しているひと

インテル戦略転換の作品紹介

存亡の危機を脱し、世界に君臨するインテルの企業戦略。

ツイートする