武器事典

  • 208人登録
  • 3.57評価
    • (21)
    • (22)
    • (64)
    • (0)
    • (1)
  • 21レビュー
著者 : 市川定春
  • 新紀元社 (1996年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (358ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883172795

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シブヤ ユウジ
市川 定春
有効な右矢印 無効な右矢印

武器事典の感想・レビュー・書評

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:559.03||I
    資料ID:50500090

  • ゴロゴロしながら読むのに最適です。古今東西の武器が紹介されています。
    あいうえお順で書かれているので時代も地域もばらばらな武器が同じページに並べられていてとても楽しいです。

  • 古今東西、様々な武器が紹介されている本。全編白黒。
    時代は古代(一部神話時代のも)から近世まで、
    地域はヨーロッパ圏多めですが、アジアやアフリカなどのものも載っています。
    中は刀剣、長柄、など形状ごとにカテゴリ分けされています。
    それぞれに簡単なイラストと、時代、地域、長さ、重さなどのデータ、
    武器についての解説が書かれています。
    トラップ系や隠し武器、兵器等も載ってるのが面白いです。

  • TIF事典シリーズの第1弾です。
    形式として、一番「事典」らしいのかも知れない。見開きで、4つづつ紹介。「刀剣」「短剣」「長柄」「打撃」「射出」「投擲」「特殊」「兵器」渡航も区分けされ、それぞれ50音順に紹介。イラストが下部に横長に書かれ、長さ・使われた時代・地域・重さ・英文表記などが載っています。見開き使っているとはいえ、4つづつ紹介のため、テキスト量はそう多くはありません。使い方や歴史背景をあっさり紹介している程度。武具の細かい部署名などは、コラムのページに多少詳しいです。

    とはいえ、ファンタジー小説やイラストを描く分には、十分な資料だと思います。もっと詳しく知りたい場合は、TIFシリーズの武器系を読めばいいわけですし・笑

  • 古代から近世にかけて存在した武器を紹介した本です。
    掲載数は600点で、「刀剣」「短剣」「長柄」「打撃」「射出」「投擲」「特殊」「兵器」と言う分類に区分されて載っています。
    イラスト付きで各アイテムのデータとして「長さ」「重さ」「年代」「地域」も載っています。

  • その名の通り、いろいろな武器の事典です。一つ一つのイラストが載っているので、形状のわかりやすさでは一番です。長さや重さも書かれていて、その武器を手にした時の感覚も掴みやすいです。

  • 武器事典。西洋、中国、日本以外にもアフリカなどその他の地域も扱っています。

  • 事典モノはおもしろいので買い集めたい。変な武器がたくさん。

  • ぶ、武器マニアですので…。

  • 趣味で購入、古今東西武器辞典。これが役に立った事は特に無いが、暇つぶしに最適、、

  • 古代の神話に登場するような伝説の武器から近代の兵器に至るまで、武器の図とサイズ、特徴に渡って丁寧に解説されています。武器の種類の豊富さと読み応えに満足できます。

  • ネタにつかえるかと思って買った本。買って以降話書かなくなったので役には立っていません(笑)

  • 必需品〜♪
    各地域の特色って素晴らしい。

  • ゲーム製作用の資料その1。古今東西の武器を系統別にイラスト入りで解説しています。紹介されている武器の種類も相当数に及ぶので、ファンタジーものの創作をしている人には重宝すると思いますよ。

  • 画像あったんだぁ…(笑)<br>
    ファンタジーで戦闘とか書くとき非常に便利な一冊。お気に入り。<br>種類別でアイウエオ順の紹介。使用法外見だけではなく、歴史も交えた紹介等、読んでるだけで楽しかったりします。私は。

  • 古くは、人類が最初に武器として用いたとされている「クラブ」から、最も新しいもので19世紀ヨーロッパの「パーカッションロックガン」まで、東西南北600点の武器を網羅した本です。
    一つ一つの形状、用途、時代背景をイラストと共に掲載してあるので、小説などの創作物にリアリティを追求する時は役立ちます。
    RPGなどのゲームが好きな人は、その武器達の由来を知ることが出来たりして、読んでいるだけでも楽しいかもしれません。
    武器を構成する部品の名称や、射出兵器の射程距離を書いたページ以外は、本当に「武器とその特徴を並べ立てているだけ」で、工夫というものは皆無ですが、インターネットによって容易に調べ物が出来る昨今において、マニアックな武器も取り入れ、独自の情報も提供してくれる本書は資料として秀逸です。

  • マニア向け事典。必要の無い人には一生縁がない事典です。カテゴリ別の部位名称もあり、武器研究者、ファンタジーにリアルを求める人にはたまらないのでは。

  • 図書館で一目惚れした本。色々な種類の武器が満載!

全21件中 1 - 21件を表示

武器事典を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

武器事典を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

武器事典の作品紹介

古代から近世にかけて存在した武器600点をイラストつきで紹介。8つの分類に分け、それぞれ長さ、重さ、年代、地域と解説で構成。

武器事典のオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする