女神 (Truth In Fantasy)

  • 52人登録
  • 3.22評価
    • (1)
    • (3)
    • (19)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
  • 新紀元社 (1998年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (341ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883173112

女神 (Truth In Fantasy)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「Truth In Fantasy」シリーズの1冊です。世界のさまざまな神話に登場する女神たちのプロフィールをまとめています。

    彼女たちの特徴や性格を示すエピソードが分かりやすくまとめられており、資料として使いやすい内容になっていると思います。

  • 2013/12/20【古】 105円

  • 女神って良いなと思いました。
    神話の本を久しぶりに読もうと思って図書館で手に取ったのがこの本です。インドの女神のことが気になって仕方ないので、他の本も探してみよう。

  • うーん、思ったよりも読みにくくて時間がかかってしまいました。

    いろいろ、発見というか、ツッコミどころはあったのですが……。
    ホッとする……それでも、生け贄を要求するのか、マヤの神……とか。

    まぁ、女神には、男が昔から女の人のどんなところに弱かったのかというのを、多分、如実に伝えている。そして、それは、今も変わらない気がします。

  • 新紀元社のこのシリーズは無条件に胸がときめきます。
    でもちょっとお高めなのが・・・

  • 世界中の女神様集めました、な本。
    ギリシア・ローマ・北欧・中東・東洋……というわけで、正直に言うと取り上げられてる女神様は意外と少ないです。ピックアップした女神の逸話を紹介。有名どころばかりなのですが、有名だけにちょっと突っ込んであって興味深かったです。

  • 世界各地の「女神」を集めてみました、という本。

  • 世界中の神話の”女神”だけを集めて紹介した本。まあ、数が多いので有名どころだけになるのはしょうがないでしょう。それでも、それぞれの神話で紹介してある本は多くても”女神”という区切りで集めたものは結構珍しいのでは?(いや、単に私がしらないだけかもしれないけど。)とりあえず入門編としては楽しい一冊です。これで興味をひかれた人は最後に載っている参考文献(結構あります)で、もっと調べればいいしね。

  • 世界中の女神を紹介した本。ギリシアや北欧はもちろん、日本や中国,インド、そして西アジアや小アジアにいたるまで幅広く紹介されている。またメドゥーサやリリスなど、悪魔として知られていても、「元々は女神」という者まで紹介している深さもある。本の厚さも同シリーズの中では厚い方であり、読み応えはかなりある。出自によって呼び名が変わっている女神もフォローしてあり、各種神話の簡単な解説もあるので、これ一冊で神話の面白さも知ることが出来るだろう。

  • 2004/08/21(読了)
    Truth In Fantasy XXXV

全10件中 1 - 10件を表示

高平鳴海の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
市川 定春
シブヤ ユウジ
有効な右矢印 無効な右矢印

女神 (Truth In Fantasy)を本棚に登録しているひと

女神 (Truth In Fantasy)を本棚に「積読」で登録しているひと

女神 (Truth In Fantasy)はこんな本です

ツイートする