かつをぶしの時代なのだ

  • 26人登録
  • 3.63評価
    • (1)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 椎名誠
  • 三五館 (1993年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883200146

かつをぶしの時代なのだの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • エッセイ短編集?とてもおもしろかった。

  • 時々、大声で笑ってしまう箇所多々あり。

  • RCサクセションのコンサートに行ったり、「旅の宿」について思い入れたっぷりに語ったり、地下鉄のなかで酔っ払いの二人組みとけんかしたり、新宿烏森口にいた鉄人28号のその後について推測したり、不倫人妻関係への羨望を述べたり、魔法瓶の発展過程について解説したり、題目にギエロン星獣が出てくるのに本文は若者の批判だけでギエロンのギの字も出てこないお話したり、中国の蚊取り線香は四角の渦巻き型だと主張したり。時は1980年代。 シーナ精力あふれる30代中盤(私は20代の青春真っ只中、かんけいないか)のスーパーエッセイでございます。是非お読みあれ。

全3件中 1 - 3件を表示

かつをぶしの時代なのだはこんな本です

ツイートする