真説「伝習録」入門―人生を変えるには、まず思いから

  • 17人登録
  • 4.67評価
    • (4)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 林田明大
  • 三五館 (1999年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883201839

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

真説「伝習録」入門―人生を変えるには、まず思いからの感想・レビュー・書評

  • 私は信仰らしい信仰を持っていません。
    神社や寺社へのお参りや、お墓参り、お祭りなどは行いますが、私にとってそれらは信仰に基づくものではなく、慣習・文化に基づくものです。
    ご先祖様や両親・先輩を尊敬し、大切にする気持ちはありますが、私にとってそれらは信仰に基づくものではなく、やはり慣習・文化に基づくものです。

    信仰を持つことはなくとも、道徳観念や人生哲学といったものは、日常生活において祖父母や両親、社会の先輩方や同僚、スポーツなどの活動を通して学ぶことができました。

    ところで、人は常に「人を指導する」「組織を指導する」「誰もやった事がないようなことに挑戦する」「社会問題を解決する当事者となる」といった場面に遭遇します。
    こういった場面では、「今の自分を超えていく」「(自分にとって、あるいは組織や国家、人類にとっても)未知の世界に踏み込む」ことが求められることも少なくありません。

    そういった場合、その時持っている能力では見通せない・予期できない部分がどうしても発生します。その判断が正しいのかどうか。これまで日常生活で学んできた道徳観念や人生哲学だけでは、判断基準として不十分である。そういう状況に陥る場合があります。

    ここに信仰の重要性があります。
    たった一人で困難を乗り越えるのではない。自分には神(人間を超越した存在)がいらっしゃる。そう本心から信じることができる事が、どんなに気力と勇気を生み出すことでしょう。
    信仰とは、生きる哲学を提供してくれるものなのかもしれません。古来より人類には信仰が存在し、歴史に名を刻む世界の指導者達やアスリート・文化人の多くが信仰を持つ所以がここにあるのかと感じます。

    しかし、信仰を持たずとも、自らが信じ・実践に足る哲学があれば、同様の効果を得ることができるのではないか・・・そう私が感じていたときに出逢ったのが陽明学でした。

    「陽明学」は、王陽明がおこした、中国明朝を代表する思想・学問であり、「なぜ自らを律する必要があるのか」「自らを律して生きるにはどうすれば良いのか」を具体的に学ぶことができます。
    つまり、どう生きるべきかの判断基準を学ぶことができる哲学であると私は思います。

    「伝習録」は王陽明の門人とその問答および論学の書簡を収録した書であり、「陽明学派の経典」「陽明学派の教科書」と言われます。

    その伝習録から「現代にいきる私たちにとって、有効で分かりやすいものを選び(本書「はじめに」より抜粋)」、丁寧で分かりやすい解説をつけてくれているのが本書です。
    どこから読んでも数ページ(長くても十数ページ)で一つの話が完結するように構成されています。読了後もそばにおき、実践の助けとする。そんな使い方も容易ですし、文章も平易です。

    読了して、「陽明学は我々の身近にあるものでありかつ、日本人の本質的なものにとても近い」と感じました。陽明学への扉を開いてくれる良書です。

  • 「知行合一」は完全に間違えて理解していました

全3件中 1 - 3件を表示

真説「伝習録」入門―人生を変えるには、まず思いからはこんな本です

ツイートする