断眠―人は眠らないとどうなるか?

  • 29人登録
  • 2.87評価
    • (2)
    • (1)
    • (6)
    • (5)
    • (1)
  • 9レビュー
著者 : 山田鷹夫
  • 三五館 (2005年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883203123

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トニー・ブザン
有効な右矢印 無効な右矢印

断眠―人は眠らないとどうなるか?の感想・レビュー・書評

  • [雑感]
    ■科学的根拠もないし,論理的説得力もないのだけれども,
     思想としては面白かった。
    ■不眠症で眠ることができず,思い悩んでいる人は
     本書を読んで開き直るとイイ。そういう使い方もアリ。

    [備忘録]
    ■眠らなくても生きられるのだが,することがないと
     人は眠ってしまう。
     眠いから眠るのではない。することがないから
     眠りに落ちてしまうのだ。(p51)

  • 再読。再読に耐えない文体。読み疲れ。内容は参考になる。初読時「不食」とともに興奮した。

  • やって出来ないことがあるかどうかはともかく、やって無駄なことはないだろう。馬鹿じゃなけりゃね。

  • タイトルからも分かる通り、執筆時では2〜5時間/日 眠っている。著者自らは現在この本を本棚に登録していない。
    睡眠とは、飽きによる退屈、また食物の消化による内臓の疲労が原因であり、ほんの一瞬でも意識を途絶えさせれば睡眠時間に関係無く回復するということを繰り返す。【不食:無限の肉体=断眠:無限の精神】であることや、次巻は「断愛」がテーマの本を出すと予感したことが書かれている。

    病気で一切眠らずに95年間生きた人がいるらしいよ。心臓は眠らないらしいよ()笑

  • 人は眠らなくても生きられる。断眠は、人生を変える「大いなるチカラ」だ! 「人は食べなくても生きられる」の実践思想家が、最新自己実験&理論で、断眠への道程と断眠が可能な根拠を提示する。「断眠&不食日記」も公開。

  • 分類=睡眠。05年4月。

全9件中 1 - 9件を表示

断眠―人は眠らないとどうなるか?はこんな本です

ツイートする