宇宙の約束―私は、あなただったかも

  • 25人登録
  • 3.86評価
    • (2)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 山元加津子
  • 三五館 (2007年4月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883203857

宇宙の約束―私は、あなただったかもの感想・レビュー・書評

  • イスラエルの旅の中で、裏切り者のユダに対して イエスと同じように大切なはず と考える著者にびっくりして そして何だか腑に落ちました。
    著者のかっこちゃんに出会えて この本に出会えて 本当に良かった。 すぐに忘れてしまうんだけど、また思い出して ちゃんと生きていこうと思います・・・・

  • イスラエルへの旅で筆者が知ったこと、考えたこと、感じたことが綴られている。私がこの本の前に読んだのが「イェシュアの手紙」。このタイミング、この流れもまさに宇宙のタイミング、流れなんだろうなあ。

  • 小さい頃からぼぉっと考えごとをするのが好きという著者のプロフィールを読んで親しみを感じた。冒頭の思い出の話の中で保育園のときジャングルジムのてっぺんで、よく空をみていたというのを読んで、またまた親しみを感じた。私も小さい頃、ひとりで考えごとをしたりジャングルジムのてっぺんでぼーっと空を見たりするのが好きだった。今でも、よくひとりでぼーっとしているけど。
    本の内容は著者が仲間と一緒にイスラエルに旅行をして、感じたこと考えたことが書かれている。いくつもの宗教の聖地であり争いがたえない場所。この土地と民族の長い長い歴史は日本人である私には理解を超えているけど、イスラエルという国について、またキリストや宗教について著者が考えるたびに一緒に考えることができて楽しく読めた。

  • 哲学科の助手のふじ子さんからハガキをもらって、映画観に行きました。

    障害児の教育に焦点を当てたものかと思いきや、物事の捉え方が宗教的な宇宙の大きな次元まで広がっていく。

    「スピリチュアル」な領域まで触れたりしているので人によっては感じ方が違うかもしれないが、自分はそれを差し置いても、「いいな」と思った。

    般若心経を分かりやすく歌にしたものが心にしみこんだ。

    自分は自分でいい。この宇宙にひとつの奇跡的なかけがえのない存在
    そういうメッセージが強くあって、心が洗われたような作品でした。

全6件中 1 - 6件を表示

宇宙の約束―私は、あなただったかもはこんな本です

ツイートする