ビジネス書大バカ事典

  • 330人登録
  • 3.30評価
    • (16)
    • (49)
    • (46)
    • (15)
    • (12)
  • 62レビュー
著者 : 勢古浩爾
  • 三五館 (2010年5月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883205004

ビジネス書大バカ事典の感想・レビュー・書評

  • この人はビジネス本が好きなのか嫌いなのか。読んでてイライラする。

  • いわれてみたらそうだな、と思う内容。

  • なんとなく読んでて「変な方向に曲がったな」と思うビジネス書の著者がいるが、この本の著者が見事に罵倒してくれる。
    K間K代のワンパターンでこれの熱心なファンがいること自体よくわからんと思っていたが、それは正解だったようだ。

    代わりに本物の経営者の自伝を読んでみたいと思うぞ、本当に。

  • 定年退職した普通のサラリーマン親父が書いた本。所詮、サラリーマンでは成功できなかったことでベストセラー作家に対する嫉妬と憎しみが満ち溢れている。思考は現実化する、7つの習慣、人を動かすと経営者の自伝を数冊薦めてるが、それ以外の本を何がなんでもけなすという論法。

  • 東谷暁氏のような、まっとうなビジネス書を批判している本だと思っていただけに、期待はずれ。単なる「トンデモ」ビジネス書を、面白おかしく笑い飛ばしている「だけ」の本。

    本人は自分の文体を「下品な文章」といっているが、むしろ、板についていない文体で無理に書いたという感じがする。ところどころ意味不明の個所もあり。

    よりによって内田樹を引用して、書評は対象となった本をほめるべきだ、それが批評だなんて見解に賛意を表している「はじめに」の部分で、もうお腹いっぱいですよ。

    日本電産の素手の便所掃除、稲盛和夫@カルト主義なんかには無批判なのは、どうよ?金持ちになりゃ全部免責か?っつうか、あんた、「大バカ」がブーメランじゃねぇの?

    やはり、斎藤美奈子さんは逸材だと、この本を読んだりすると再認識できたのが収穫か。

  • 2011.10.15
    巷にあふれるベストセラーのビジネス書に対して、ハッキリともどき、つまりまがい物だと言っている。

    本を読んで、つい笑ってしまう内容だった。土屋賢二並みに面白い。

    何回も言ってるのが、「あなたもイチローになれますよ」は皆、嘘だ、と思うのに、「あなたもこの本を読めば成功しますよ」にはなぜか逆らえないということ。

    ピンキリの中でも、ピンの三冊
    ・思考は現実化する
    ・7つの習慣
    ・人を動かす

    あとは、名経営者の自伝を読むように、とある。

    一番面白かったフレーズ
    P35
    もし、わたしが、よし、大ベストセラーを書くぞと決意して、『だれでも必ず成功できる10のルールと幸運がやってくる15の法則とモテるための7つの習慣と頭がよくなる8つの秘訣とダイエット確実の20の方法』という本を書いたとする。
    わたしの経歴が経歴だからまったく説得力はないだろうが、それを別にしても、この本がタイトル一発でダメなことはあきらかではないか。ところがこれがバラバラにらなって各論の本になると、読者は「もしかして?」という気持ちになるのである。これが「もどき本」のトリックである。

  • なんていうか、amazonの一つ星レビューばかり集めて作ったような本。
    まぁ、取り上げられてる本の中には確かにとんでもないものも多いけど(苫米地とか)、ここまでネガティブなことばっかり書いてあると、食傷してイライラしてくるし、多分健康によくない。

    所詮は書評なんて自分の価値観に適合するかどうかだから、著者の価値観に適合しない本はすべてトンデモ本扱い。多少のユーモアは混ぜながらも、口を極めて罵ってある。

    で、その価値観が、典型的な団塊オヤジ世代の清貧の思想と、徹底的な唯物論。
    そりゃまぁ、ニューソート運動っていう一種の信仰をベースにしてる最近の成功哲学本は合わんだろうな、って感じ。

    人のふんどしで相撲をとるひねくれおやじのマス●ーベー●ョン本で、なんでこんな本を買ってしまったのかと反省しきり。

  • 内容が、女性週刊誌のゴシップ記事とか、2ちゃん的。このしっかりした体裁の書籍でこの内容はちいと辛いなぁ。出版する意味は果たしてあったのか、、、って、こんなアンチな書き込みまで予測して執筆してたりして。だとしたら、負けた(笑)!!

    「読んでないから知らないけど」とか「読む気もないけど」みたいな、未確認筋の不確定情報的な発言多し。
    全体としては結構なページ数なんだけど、全部人の悪口ばかりなので、読んでてあまり良い気はしません。自己啓発書籍の内容批判ではなく、個人攻撃になってる。ちょっとウンザリしてきます。
    しかし、他の人のレビューで結構誉めているのにはビックリした。

    「7つの習慣」をしっかり誉めているのには納得出来ました。
    後半も頑張って読みます。後半は評判良いみたい。

    後半読みました。9章からやっと落ち着いた書籍になった。
    ヤマト運輸の話しとか、京セラの話しはちょいと涙が出ました。

  • 巷に出回るビジネス書もどきをけちょんけちょんにけなしていて、出版社にも、読者にも、警告を投げかけている本と言えるだろう。

    いつからか、ビジネス書も、「似たようなタイトル」ばかりがならぶようになった。そして、「成功」、「成功」と唄い、人生の目的が「金と自由」を手に入れることになった金儲けの方法が書かれた本が溢れている。

    ベストセラー作家たちをつるし上げ、本の内容の矛盾を突き、こんなことは信じるな、と読者に警告する。

    まあしかし、これは本の文章を読んで楽しんでいることもあって、読みながら、吹き出してしまうことも多く、私にはウケた本である。とても。

    ”その通り!”と思うこともあれば、”そういう読み方があったか”とか。

    ま、同じく出版業界にいる私としては、著者の言いたいことはよくわかる。

    今はビジネス書の企画は、すべて「売れる」ことが目標となっていて(当然だが)、ひねりを利かせたタイトルが欠かせない。本が売れるか売れないかなんて、内容じゃなく、本のマーケティングであり、営業である。

    で、なんでベストセラーが出るかというと、当然、それを買う読者がいるからである。読者はタイトルや宣伝に惹かれて、つい買ってしまう。

    本一冊読んだところで成功するはずもないのに、それを読んで学ぼうとする。そんな読者が多数存在するからだ。新聞に400万部突破と出たら、どんな本だろうと、読みたくなるではないか。

    また、どうせくだらない本だろうと思っても、どんなくだらないことが書いてあるのだろうと思って買う人もいるかもしれない。

    ま、いずれにしても、すべての本が悪いというわけではないが、著者は、タイトルにひねりを聞かせて、成功とか法則とか宇宙とか引き寄せとか、そんなものがタイトルに来る本は、だいたい「もどき」でしかないと言い切っている。

    さて、それぞれ有名な著者の本を分析し、よくもまあここまで書けるものだという、書きたい放題の本なのだが、この本で一番いいたいところは、第8章~第10章にあると思う。この章のくだりを読んでいて、”まったくだ”と私は、気持がスッキリとした。

    そう、成功なんて考えなくても、ちゃんと人は成功できるようになっているのさ。

  • 読んでみてなるほどなと思える本なのだが、それ以上のものはないかな。
    批判するばかりじゃしょうーがないなと。
    批判している本のほうがこの本よりためになる点が多いと思うw
    お金と時間もたいしてかかりはしないし、成功本を買って読まなくても、もっとしょうもないことに金と時間を費やすからね~・・・。
    というわけで私もビジネス本を読破だ!話はそれからだ。
    PS:成功本はアマゾンの中古で購入するのがお勧めだ。

  • これを読んで、家にあるビジネス書や自己啓発本をほとんど捨てた。

  • この本自体がいかがわしい,もどきビジネス書

    著者は自分の知らない理論,理系的理論が使われていると,トンデモ扱いする。

  • 【No.156】「もどき作家たちは、なにかかにかお金が入ってくる仕組みを作っている」「身をもって知るということが何よりも大事。自分の身をもって知って初めて、自分自身の変化や成長が可能になる」「八方ふさがりの状態で、いつまでもすねて、毎日ぶつぶつ言っていても、どうなるものでもない。どんな環境であろうと常に前向きに生きようと決めた」「無能であるがゆえにやたらに権力を振るいたがるケチなネズミ部長はどこにでもいる」「自分一身の改革なら、自分を動かすだけで済む。しかし複数の人間の協力や組織改革が必要な場合、あなたの人間としての力が不可欠となる。あいつがいうのならと思われなければならないのだ」

  • 数限りないビジネス本を下品かつ豪快に斬る!
    冷静に考えれば人には個性があるので万人に適用できる法則や真理は妙なものだと気がつくと思うが。

  • いかがわしい健康食品やダイエットには消費者の目は厳しいが、ビジネス・自己啓発本には何のお咎めも無しかよ!という著者の姿勢には納得。そうは思っていても、一つ一つあたっていくというめんどくさいことをやっていただいたことは有難い。良質の書評よりもこの著者にはふさわしい書きっぷり。

  • 世の中にはビジネス書(もどき)が溢れている。オフィス街の本屋に行けば広大なスペースがビジネス書に割かれている。しかしそのほとんどは箸にも棒にもかからない内容だ。著者にかかれば斎藤一人も本田健も神田昌典も勝間和代もインチキである。まぁそれらの本も大体においてあのナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」に端を発しているようだ。著者が読むべきビジネス書としてあげているのは稲盛和夫や松下幸之助とかの経営者の自伝であり、実にまっとうな本である。タイトルに引かれてつい手にとってしまうような物は、ほとんど大バカ本であることが判る。

  • ■本書を読めば,ビジネス書を無駄に読まずに
     済むのかなぁ…と思いながらページをめくったが,
     そんなでもなかった。
    ■前半のビジネス書批判は,小気味いいと思う人も
     いるかもしれないが,私は心象が悪かった。
     (結構,斜め読みしてしまった。)
    ■9章,10章で多少,盛り返したかなぁ…と。
    ■雑感としては,「人それぞれ」。

  • ビジネス書版『作家の値うち』みたいな本だった。いっそ、作家別に数冊あげ、点数とコメントだけでまとめれば、もっとスッキリした辞典になる。

  • 読書録「ビジネス書大バカ事典」3

    著者 勢古浩爾
    出版 三五館

    P325より引用
    “夢は必ずかなう、というのはすべてかなっ
    た人間ばかりがいうセリフである。”

     目次から抜粋引用
    “なんでビジネス書を読むの?
     恐るべき三人のつわもの
     三冊の元祖本と成功法則
     本を読んで金が儲かるってホント?”

     世に溢れるほど出てくるビジネス書の中か
    ら、これは?と著者が思うものを紹介する一
    冊。
     読者が引き寄せられる理由についてからベ
    ストセラー書の採点まで、鋭く正直な意見が
    書かれています。

     上記の引用は、手帳に関する本についての
    評価での一文。成功した話を真似しても、同
    じように成功するかどうかはわからないのだ
    ろうなと思います。それよりも、やり直しが
    出来ないくらいの失敗をしてしまわないよう
    に、失敗談のまとめ本が、もっと沢山世の中
    に出て来てほしいものです。
     ビジネス書の同じ著者の作品でも、褒める
    ところは褒めて、駄目なものはダメと言って
    いる所が、はっきりしていていい感じです。

    ーーーーー

  • <メモ>
    著者が作中で紹介した本。の一部。
    ・水野俊哉『成功本50冊「勝ち抜け」案内』
    ・本田健『ユダヤ人大富豪の教え』・・・ウソくさい。思考は現実化するのパクリ?
    『きっと、よくなる!』上滑り
    『大好きなことをしてお金持ちになる』英語能力についての矛盾
    ・ナポレオン・ヒル『思考は現実化する』これはピン。
    もどき本のタネ本。メンターからの教え、目標の明確化、期限化、それを紙に書く、潜在意識、脳力、引き寄せetc。
    ・スティーブン・コヴィー『7つの習慣』「思考は~」以上。ただし成功の「保証」はしない。高評価の理由は、成功を目指すために「自立」を必須条件にしていることと、「家族」を無条件に礼賛していないところ。
    ・D・カーネギー『人を動かす』人間関係論の古典。わりとふつう。結局すべてがテクニック。
    ・野口嘉則『鏡の法則』実話ということだが、いきなり作り話。ありがとう100回、原因(心)と結果(現実)の法則。
    ・水野敬也『夢をかなえるゾウ』文章はうまいが内容が凡庸。中山庸子『なりたい自分になる100の方法』の方が簡潔で読みやすい。
    ・池辺雪子『FX フツーの主婦でも億万長者になれた理由』意外と好印象。しかし著者は年季とやる気がすごいので素人ではまねできない。
    ・野口敬『誰とでも15分以上 会話が途切れない!話し方66のルール』なぜ、どんな人とも会話が続かなければいけないのか?全部技術。誇大広告。名前を呼ぶのは◎
    ・斎藤真嗣『体温をあげると健康になる』女性や老人にハードな筋トレは無理。
    ・斎藤一人『人生が全部うまくいく話』まるでビートたけし。感謝できれば全部うまくいく。インチキ、矛盾だらけ。
    『斎藤一人の絶対成功する千回の法則』ありがとう1000回含め法則ばかり。不自由人によって自由人の生活は支えられているのに。
    ・神田昌典『非常識な成功法則』紙に書くだけで成功するってヒルのパクリ?なめた口調。
    ・勝間和代『お金は銀行に預けるな』金融に関する良心的な啓もう書。勝間の本の中ではベスト?堅実な投資の方法。
    ・本田直之『レバレッジ・リーディング』読書は投資活動、しかし100倍利益論は大げさ。

    ★著者が勧める経営者の本
    ・松下幸之助『道をひらく』人間の基本
    『商売心得帖』松下電器の販売店用
    ・本田宗一郎『スピードに生きる』一生懸命賃はない。タイム、マネー、プライド
    ・石橋信夫『不撓不屈の日々』大和ハウス工業
    ・小倉昌男『経営学』ヤマト運輸2代目。小手先の仕事術とは質が違う
    ・稲森和夫『人生と経営』京セラ。挫折の連続
    ・岡野雅行『俺が、つくる!』痛くない駐車針
    ・永守重信『情熱・熱意・執念の経営』日本電産。強烈だが潔い。早食い試験、素手のトイレ掃除。
    ・『社長の哲学』青木定雄(MKタクシー)、鍵山秀三郎(イエローハット)、鳥羽博道(ドトールコーヒー)、矢野博丈(ダイソー)の講演集。

    ・小倉寛太郎『企業と人間』山崎豊子『沈まぬ太陽』の主人公のモデル。日本航空の執行委員長で海外勤務を強いられ干されたが、強靭な人。
    ・三枝匡『Ⅴ字回復の経営』半分小説仕立て、半分解説書の事業部債券物語。本物のビジネス書。

    ★「成功」とは何ぞや
    ・ジョン・ウッド『マイクロソフトでは出会えなかった天職』ネパールへの本寄贈活動、NPO「Room to Read」設立
    (日本の川原尚行は、医務官職を辞してスーダンでの医療活動に従事)
    ・情熱大陸・石井一男…質素な生活をする画家。

    ★あのベストセラーを採点
    ・スペンサー・ジョンソン『チーズはどこへ消えた?』40点→変化に対応しようだけでいいのに、わざわざネズミなんか登場させなくてよろしい
    ・山田真哉『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』65点→読み物としては面白い。入門書以前の本
    ・安田佳生『千円札は拾うな。』8点→社内バーなど保育園みたいな会社、いい男は予約しとけとか、ばか丸出し。
    ・林總『餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?』50点→内容は真面目だが、冗長。地道に勉強しなければならないものまで楽しく学んでもらおうという根性がそもそも間違っているのでは。NHKの語学番組も。
    ・ロンダ・バーン『ザ・シークレット』0点→成功の秘密など存在しない。引き寄せの法則ではなく、人間的器量の問題。駄本。
    ・小宮一慶『「1秒!」で財務諸表を読む方法』68点→1秒!とやらないと売れないのが世知辛い。会計学の初歩的知識が得られ、意外にもまともな本。
    ・奥野宣之『情報は1冊のノートにまとめなさい』75点→忘れるためにノートはある。シンプル。
    ・ロバート・キヨサキ『金持ち父さん貧乏父さん』65点→自分で働いて金を稼いだり、仕事のおもしろさを知る前に小学校あたりで株式や資産運用を教える必要があるだろうか。まさか医者や警察官をラットとは呼べないからごまかしているが、結局は人生の価値観の問題。真面目な本だが、金儲けしないやつは馬鹿、みたいなところが垣間見える。
    ・福島正伸『毎日、社員が感動して涙を流す理想の会社』3点→「日本を変えるために目が覚めたよ」「(妻に)君の存在が僕の勇気」唖然。きょとん。これは宗教なのか?こんな文章が延々と続く。

  • 「だれでも」「必ず」「成功する」「金持ちになる」など
    明らかなウソ(あるいは誇大広告)を謳ったビジネス書もどき本を
    痛烈な皮肉と笑いで綴る。
    食品など不当表示が罰せられる業界もあるが、書籍は売れたもん勝ちの世界。

    勝間和代、苫米地英人、本田健などなどメッタ斬り!
    書いてある方法でもう一回成功してみせてくれ!とバッサリ。
    イチローと同じことしてもイチローにはなれません。

    人生=成功=金儲けという図式に疑問を投げかけます。
    人生=家族、仕事、趣味…色々あるでしょ?
    もし右項がなにもなくても、人生=人生さ。

    何をやるにも大事なことは、結局 “人間性”。
    松下幸之助、本多、盛田、稲盛…経営者の自伝を読むことを薦めて締めくくります。


    【目次】
    はじめに ビジネス書「もどき」とは
    第1章 なんでビジネス書を読むの?
    第2章 恐るべき三人のつわもの
     「真似っこ」本田健、「なにがなんだか」石井裕之、「ヘンテコ大王」苫米地英人
    第3章 三冊の元祖本と成功法則
    第4章 本を読んで金が儲かるってホント?
    第5章 不当表示?誇大広告?めくるめく書籍タイトルの世界
    第6章 胡散くさい二人の導師
     「金ならあるぞ」斎藤一人と「釈迦気取りか」小林正観
    第7章 その場しのぎの一姫二太郎
     「ぬえ」神田昌典、「カリスマ?」勝間和代、「なんでもレバレッジ」本田直之
    第8章 「成功」することと人生
    第9章 読むなら、経営者の自伝
    第10章 仕事とは全人的作業である
    あとがき ビジネス書の力
    付録 あのベストセラービジネス書を採点する

  • この本は他の著者の揚げ足をとって批判しているだけ、という批評もあるようだが、ビジネス書(主に自己啓発)を多読している人は一度クールダウンの意味も込めて読んでみるべき。

  • 本当に世の中には、胡散臭い香具師が書いたビジネス書が多いことがわかる。筆頭は勝間。これはもはや幼稚すぎるから議論の余地なし。
    意味不明な自己啓発書はビジネス書と呼んではいけない。
    読むのは経営者の自伝か官僚、政治関連の本の方が良い。特に政治家の本は良い。魑魅魍魎が伝わるのがビジネス。

  • 棚にあった本再読。久しぶりにBOOKOFF言ったらこの本に出てる人の本山ほどあった笑。

  • 目からウロコの本だった。


    著者の人生観が飾る事なく語られていて、感動もした。



    そして、自分が手当たり次第タイトルに惹かれて

    自己啓発本を読んでいたのが、

    それを鵜呑みにしてきたのが

    ちょっと恥ずかしくなった。



    目に見えない力を信じる心は純粋に持っておきたいけど、

    著者の現実的な考え方も、両方必要だと思った。


    よかったのは良書を紹介している章。

    とても、参考になりました。


    読みかけで放置していた松下幸之助の本を早速読もうと思います。


    自己啓発本好きな方は、絶対に一度は読むべきと思います。

全62件中 1 - 25件を表示

ビジネス書大バカ事典を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ビジネス書大バカ事典を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ビジネス書大バカ事典を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする