医学不要論

  • 173人登録
  • 3.61評価
    • (10)
    • (14)
    • (15)
    • (3)
    • (2)
  • 27レビュー
著者 : 内海聡
  • 三五館 (2013年5月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883205851

医学不要論の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 書店で最初の数ページを読んで、そっと立ち去りました。


    神戸大学の岩田健太郎先生がブログでこの本を取り上げておられるので、一読すべきだと思います。

    http://georgebest1969.typepad.jp/blog/2013/05/医学不要論をお薦めしないそして看過もしない理由.html

  • 色々メモしながら読んだらメモがいっぱいに!
    砂糖は毒、牛乳も毒、トランス脂肪酸も毒…などは知っていたけど、その背景の世界の支配者層の背景にも触れているところが勉強になった。
    もっと能動的に知識をつけていかないと!

  • 現代の医療はEBM(エビデンスつまりデータに基づく医療)に基づいている。著者の主張の根幹は現在の西洋医学の9割の否定である。しかし著者がその反論として持ち出す言説なり論文は著者の主観の域を出ず根拠に乏しい。おおざっぱに言えば、ある問題に関してありったけの情報をかき集め、自分の理論に否定的な情報の方が遥かに多いにも関わらずそれらの存在には触れることなく、自分の解釈に合うような1情報を選び出して取り上げるという寸法である。その意味ではほとんどの医学的な主張は読むに値しない。医療と病気について自分自身の頭でバランスよく考えよと主張する著者自身が頭ごなしに西洋医学を否定するのは自己矛盾でしかない。薬に関しても、生体は複雑であるから薬が生体に様々な症状をもたらすのは当たり前でありリスクが利益を上回ればその薬を使わないというのが医療の常識である。一方医療界に既得権益が存在しそれらが真に患者のためになる医療を阻んでいる可能性は否定できない。しかしそのような一面はどの世界にでも存在する構造である。肥大化する医療費についても歯止めがきかないのはまた事実であり、個人的にはその第一歩としては終末期医療のあり方について国民全員が真剣に考えることがひとまず必要なことだと思う。何点かについては考えさせられるものがあるがそれらは著者が文中で指摘するようにあくまでジャーナリズムあるいは社会学的な視点からのものであって、展開されている医学的な主張に関しては根拠に乏しいお粗末なものであると言わざるを得ない。

  • 激しい物言いだが、突き詰めて考えていくことに興味が出た。
    詳しく調べていきたい。
    本当に人を良くすることは何だろうか。

  • 必要ない、ひつようなーい! って、アフラックのCMか。

    なるほどと思った点をメモメモ…


    P95何歳から老人とするか難しいところだが、とにかく簡単に治療しないことが重要である。胃ろうなどもってのほかIVHももってのほか、人工呼吸も気切ももってのほか。老人はガンを治療する必要もないし、食べられなくなればひっそりと死んでいくのみである。…略 そうして感染症かガンか低栄養かエネルギー喪失による老衰で亡くなっていく。それがあらゆる動物の基本なのだ

    塩素がアテローム性動脈硬化に起因する心臓発作や脳血管障害の原因になっている

    塩素については調べてみよう! @プールは害がある? 水道水、浄水

    胃薬にはアルミニウムがけっこうはいっている。

    アルミについても勉強! どう害?

  • ●この本の目的とは、あなたの医学洗脳を徹底的に破壊すること。

    ●医学の本当の目的とは?
    「病気を治すため?」「人を死から助けるため?」「人に幸福をもたらすため?」

    ●本質的に治すのではなく、その場をしのぐことこそが現代医学の基本姿勢。それは「維持」や「寛解」と呼ぶ類のものであって、決して「治癒」ではない。

    ●「病気を治す」という言葉の定義は「病院に行かなくなること。病院に行かなくても済む状態になること。病気自体が維持というレベルを通り越して改善すること」。この観点からだけでも現代医学の大半は存在する価値さえない。

    ●現代医学は死から人を助けるという役割をほとんど果たしていない。現代医学の中で人を死から助けている分野はほんの一部分しかない。しかもそれが本質的に助けている分野といえば、さらに領域はせまくなる。

    ●現代医学が病気として扱っている症状の定義は、そのほとんどが間違っていると言ってよい。それらは原因や因果関係がはっきりしないものばかりで、病気についての定義となりえていない。人間はもともとそれらの病気にはかかりにくい生物であり、病気作り、基準の捏造による偽の病気や、化学物質、環境物質、栄養素などによるさまざまな問題点を振り返り、真の病気を明らかにして定義していく必要がある。

    ●西洋医学の薬のほぼすべては何の解決ももたらさず、医原病をさらに悪化させる源である。その薬と呼ばれる物質が開発されてきた思惑と裏側を知ることが肝要だ。それらは完全に否定はできないかもしれないが、ほぼすべては何の意味もない物質である。薬とは単なる毒であり、薬に作用や副作用があるわけでもない。それらは明確に一つの方向を向いている化学物質にすぎない。

    ●医者の間で知られる有名な逸話に「99%の医者は、自分がガンになったときに抗ガン剤治療をしない」というものがある。これは現代医学のガン治療が無駄であることを象徴している話だ。

  • 体にいいモノを食べる! でもたまにはビックマックを食べたくなるのだ

  • 医学は業界全体が利権の集約体だ!と言い切る筆者の本。しかし内容については否定はあるものの、新論についてはなかなか語られず。。。
    医学を不要にする代わりに必要な論が無いので、結局どうすればいいの?になってしまう本・・・期待していただけに残念。

  • やっぱり好きじゃなかった。

全27件中 1 - 10件を表示

医学不要論のその他の作品

医学不要論 Kindle版 医学不要論 内海聡

内海聡の作品

医学不要論を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

医学不要論を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

医学不要論を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする