誰も知らない最強の社会保障 障害年金というヒント

  • 82人登録
  • 3.88評価
    • (4)
    • (7)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
  • 三五館 (2014年3月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883206087

誰も知らない最強の社会保障 障害年金というヒントの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 分かりやすくてためになる。障害年金に強い社労士さん自体が少ないのですね。

    病院側も行政の年金担当も障害年金の知識がないって大問題を明記してくれるだけで価値がある本。

  • 病気療養中、勉強として読みました。

  • 障害年金を「請求」するための3要件について各章で重ねて述べられているところをみると、相当に要件を満たすことが難しいのでしょうね。障害年金をご存じない方も少なくないとのこと。この本で少しでも身近になるといいですね。

  • 障害年金の基本について書かれています。
    2時間くらいで読めました。

    制度の概要から、受給までに苦労する点、社労士が申請代行するにあたって必要な心構えなどが書かれています。
    障碍者支援の方法は様々ですが、障害年金を申請代行できるのは、社労士のみ。詳細を勉強して知識を深めたいと思いました。

  • ガンでも年金がもらえる場合があるというのは知らなかった。社労士さんは会社相手の方が安定した収入が得られるのだろうけれど、障害年金の請求の仕事の意義深さが感じられた。医師や司法書士にも障害年金のことをよく知らない人がいるのは理解できる。
    それ以上に当の社労士さんでもまともに請求代理を責任持って行える人は一握りだろうなと。
    保険料未納にしとくと障害年金の受給要件が満たせないのは要注意ですね。

全5件中 1 - 5件を表示

誰も知らない最強の社会保障 障害年金というヒントを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

誰も知らない最強の社会保障 障害年金というヒントを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

誰も知らない最強の社会保障 障害年金というヒントはこんな本です

ツイートする