ストライプ―たいへん!しまもようになっちゃった

  • 261人登録
  • 3.86評価
    • (27)
    • (26)
    • (34)
    • (3)
    • (0)
  • 45レビュー
制作 : David Shannon  清水 奈緒子 
  • セーラー出版 (1999年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883301331

ストライプ―たいへん!しまもようになっちゃったの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • カミラはリマ豆が大好きな女の子。でも、みんなが嫌いなのでカミラも食べません。アメリカの新年度は秋に始まりますが、新学期最初の日、カミラは朝起きるとしま模様になっていました。お医者さんにも原因はわかりません。どうしたら元に戻れるのでしょうか?

  • しまもようになったところが、おもしろかったです。さいごに、リマまめをたべるところが、おもしろかったです。

  • 人の目ばかり気にしているミラ・クリームは、新学期の1日目、どんな服を着て行こうかと悩んでいると突然体にしま模様が浮き出てしまった!
    これをきっかけに、色んな人が言う言葉の影響を受けて、国旗の柄になったり、水玉模様になったり、はたまた体から色んなものが生えてきたりしました。お医者さんも科学者も治すことができないこの病気にお手上げ状態だった時、あるおばあさんがやってきて……。

    ***

    自分の好きなもの(リラ豆)を素直に好きと言えず、周りに合わせてばかりいたミラは、最終的に「リラ豆を食べたい!」と自分の願いを言えたことで元の姿にもどります。
    絵も独特で印象的だし、内容もよく考えられていて面白い。読書会にも向いていると思います。低学年ももちろん楽しめるけど、高学年に読んでもらうと面白い感想が聞けそうな本。

  •  人目を気にする女の子の体が縞模様になってしまう。症状は酷くなっていくが、訪ねてきたおばあさんの助言で、自分だけが好む豆を食べると元に戻った。

     物語と込められたメッセージのバランスが良い。

     迫力あるポップな絵柄。

  • [墨田区図書館]

    6年生用の読み聞かせに選んだ一冊。一見表紙からもとてもおもしろく感じるけれど、この絵本の神髄は、「自分は自分」であることの大切さを問いかけているところにある。人目を気にしすぎる主人公の女の子の意識の変化を読み取れるようになってほしい。

  • 5年生、6年生。カミラが変わっていく様子を、気持ち悪いとか言って笑っていたけれど、最後は静かに聞いていました。

  • 好きなものは好き!と言える自分でいたい。

  • 28年度 (3-3)(4-1)(4-2)(6-1)(6-3)
    11分
    図書ボランティア交流会おすすめの本

  • リマ豆が大好きなのにみんなに気持ち悪いと言われるから好きだと言えないカミラ。人の目ばかり気にして自分を隠していたらある日突然身体がストライプ模様になっちゃった!

  • 好きなものを好きという勇気。しましまがカラフル。ちょっと面白いお話。でも思ったよりは面白くなかったかなー

全45件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
酒井 駒子
ばーじにあ・りー...
モーリス・センダ...
くすのき しげの...
トミー=アンゲラ...
ポール・フライシ...
ユージーン トリ...
マーガレット・ワ...
レミー チャーリ...
マイク・セイラー
有効な右矢印 無効な右矢印

ストライプ―たいへん!しまもようになっちゃったに関連するまとめ

ストライプ―たいへん!しまもようになっちゃったを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ストライプ―たいへん!しまもようになっちゃったを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする