きいろとピンク

  • 21人登録
  • 3.80評価
    • (2)
    • (4)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : William Steig  おがわ えつこ 
  • セーラー出版 (2004年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883301478

きいろとピンクの感想・レビュー・書評

  • ふと目をさました2体の人形が、自分たちはなぜここにいるのか、どこから来たのかについて論じ合う。
    はじめて読んだときは、ナンセンスなおかしさの印象が強かった。が、久しぶりに手に取ったら、なんとこれは「進化論か神による創造か」という話なのだった。おもしろい!オチも秀逸。来週6年生に読む予定。

  • 絵本だけど、ある程度年齢が上じゃないとテーマをよく考えられないだろう。

    世界で起きることは偶然。でも、生きる人は過去の偶然に意味を与え、未来を選択していく。そうして自分の人生を、自らの手で、意味あるものにしていくのだろう。

  • 絵が可愛かったので読んでみました。

    でも、1回読んだだけじゃよくわからなくて何回か読み直しました。

    「われわれは なにものなのか。どこから きたのか。

    みるもの きくもの すべて 驚異だ」

    自分がどのようにしてできたのか一生懸命考えます。

    「偶然」ときいろは言うし、

    「誰かがこしらえた」とピンクは言います。

    考えれば考えるほど哲学的な感じがします。

  • きいろとピンクの木の人形が「われわれはなにものか」と哲学的なことを議論。真面目さがおかしくかわいらしい。

    「論ずること」は、傍から見るとはおかしくて笑われることもあるかもしれないが、私もやめられない。

全4件中 1 - 4件を表示

きいろとピンクの作品紹介

ピンクはきいろをながめました。頭にはノミのあとがあって、つりあいのとれたからだつきです。「だれかがこしらえてくれたんだ」「え?」きいろがききかえしました。「われわれのように複雑かつ完璧なものを、いつ、だれが、どうしてこしらえたのだ」自分たちは、どこからきてどこへいくのか。ギロンするきいろとピンクの木の人形の絵本。

きいろとピンクのペーパーバック

きいろとピンクの単行本

きいろとピンクのハードカバー

ツイートする