ねぇママ、どうしてきょうりゅうはがっこうへいかないの?

  • 40人登録
  • 3.56評価
    • (2)
    • (5)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
制作 : Quentin Greban  スギヤマ カナヨ 
  • セーラー出版 (2009年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883301737

ねぇママ、どうしてきょうりゅうはがっこうへいかないの?の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ママに、ねえどうして?の問にシュールに答える。

    ハリネズミがパーティに呼ばれないのは、パーティをめちゃめちゃにするかもしれないから。風船を割る絵が切なすぎる。

    ワニの歯はあんなに大きいの?の問にどうしてって聞いてばかりいる女の子にがぶっとするためよ。
    ワニがトラウマになる!

  • ねえ ママといろいろきいてくる女の子にママが答えていきます。
    その回答がとてもコミカルで面白いです。

  • 「ねぇパパ、どうしてシマウマはローラースケートをはかないの?」の続編です。

    相変わらずのすっとぼけ調。ただ、今回は最後のページにもスパイスが効いています。
    ほんと、こんなに"どうして"言われたら、そうも返したくなりますよね!

  • ねえママ、どうして金魚はサメがすきじゃないの?それはね、サメがいっしょだと(金魚鉢が)きゅうくつだからよ。
    動物にまつわる かわいい疑問にママがユーモアたっぷりに答えてくれます。


    ちょっと怖い答えもあるけど・・・

  • タイトルのように子どもがママに質問して、次のページでそれに答えているパターンが繰り返される。
    どうしてサメと金魚は一緒にいないの?
    →一緒にいると窮屈だから。
    と丸い大きな水槽にぎゅうぎゅう詰めで金魚がつぶれているのがおかしかった。
    どれもユーモラスな回答。
    絵もスケッチみたいな絵でやわらかかった。

    でも何故か本文ではタイトルになっている「なぜきょうりゅうはがっこうへいかないの?」という質問はなかった。
    表紙で恐竜が被っている帽子についての注釈があったので、自分で考えろということかな。

  • 『ねぇパパ、どうしてシマウマはローラースケートをはかないの?』の続編。
    パパとママのちがいが、おもしろいです。
    ラストのこたえが、こわっ。
    ママ〜(泣)

  • リズム感の良い本。
    絵もかわいいし!小さな女の子が「ねぇママ・・どうして~なの?」と質問するとママが優しくユーモアたっぷりな答えをくれる、面白いやりとり。

  • 娘からの「どうして?どうして??」攻撃に
    ママがユーモアたっぷりに答える。
    ねぇ、どうして キンギョはサメが好きじゃないの?
    それはね、サメと一緒だとキンギョ鉢が窮屈だからよ。 etc
    絵もいい味出してます。大人もクスっと楽しめる1冊。
    『ねぇ、パパ どうしてシマウマはローラースケートはかないの?』とセットで読みたい。
    こんなステキなパパとママになりたい♪

    幼児~

全9件中 1 - 9件を表示

ねぇママ、どうしてきょうりゅうはがっこうへいかないの?を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ねぇママ、どうしてきょうりゅうはがっこうへいかないの?を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする