スマーフ物語 (5)  スマーフシンフォニー

  • 17人登録
  • 4.25評価
    • (4)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : ペヨ
制作 : 小川 悦子  村松 定史 
  • セーラー出版 (2002年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (42ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883309757

スマーフ物語 (5)  スマーフシンフォニーの感想・レビュー・書評

  • (2014-03-01)(2014-10-18)(2015-12-06)

  • パパスマーフのコンダクターに、スマーフたちで奏でる
    シンフォニー♡

    どの楽器を演奏しても音痴で調子はずれの音を出して
    シンフォニーから外される1人のスマーフ。

    その前に現れる妖精に扮した妖しいガーガメル。
    ガーガメルはいつも悪いことばっかり考えてるけど
    ドジでなんだかかわいくて憎めない[*Ü*]
    でも、猫のアズレールのことはもっと大切にしてあげて![i-i]

    「そら飛ぶスマーフ」は、PVCの中でも
    特にお気に入りの1つのパラソルを羽のようにして
    飛ぶスマーフが出てくるお話♡
    ちっちゃなスマーフが空を飛んでる姿なんて
    ほんとに見れたらかわいすぎて、私もガーガメルみたいに
    捕まえたくなっちゃうかも♡

  • 楽器で魔法を使ってみたい。

  • スマーフの本は全部揃えたい。なかなか売ってないけれど、とても面白いです。

  • 第5巻
    『スマーフシンフォニー』
    SCHTROUMPFONIE EN UT
    Copyright © Peyo 1965
    オーケストラを結成したスマーフたち。トランペットを吹く“音楽家”は、皆とあわせることができず、オンチだとののしられます。落ち込んだ“音楽家”は、森で出会った妖精にラッパをもらいました。『空とぶスマーフ』も同時収録。

  • かなり可愛い!全巻揃えたいなぁ。

全6件中 1 - 6件を表示

スマーフ物語 (5)  スマーフシンフォニーはこんな本です

ツイートする