スマーフ物語 (13)  スマーフスープと大男

  • 10人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : ペヨ
制作 : 小川 悦子  村松 定史 
  • セーラー出版 (2002年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (42ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883309832

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

スマーフ物語 (13)  スマーフスープと大男の感想・レビュー・書評

  • スマーフスープを飲んだ大男が青の変な生き物になった。それを治す薬草がサルサパリラの枯れ葉みたいな感じだった。サルサパリラ苦いのかな。

  • 第13巻
    『スマーフスープと大男』
    LA SOUPE AUX SCHTROUMPFS
    Copyright © Peyo 1973
    ガーガメルの屋敷に食いしん坊の大男が現れました。お供のネコのアズレールまで食べられそうになり慌てたガーガメルは、スマーフスープが世界一美味しいと大男に教えます。そこで大男はごちそうをめざしてスマーフ村に行きますが、スマーフたちはお祭りをして迎えます。パパスマーフはどんな作戦をたてたのでしょうか。『スマーフするもの寄っといで』も同時収録。

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする