実践!最新デジタル・マーケティング―ウェブ、モバイル・マーケティングの現在と未来がわかる! (宣伝会議Business Books)

  • 24人登録
  • 3.08評価
    • (0)
    • (1)
    • (12)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : 宣伝会議  宣伝会議新社=  トランスコスモス 
  • 宣伝会議 (2008年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (101ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883351978

実践!最新デジタル・マーケティング―ウェブ、モバイル・マーケティングの現在と未来がわかる! (宣伝会議Business Books)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ちと古い、いや古くなったけど、ようやく読み終わり。


    2009年に2011年のトレンド予想してますが、ただいま2015年。こんなのあったんだとかいうのもありますが、いかにテクノロジーの変化と予測が難しいというか、いい加減なのがわかる 笑


    破壊的なのに乗り遅れても困るし、振り回されても困るような感じですかね。何ができるかの目利きと活用するのに足る十分なリソース。

  • 花王のサイト外に情報を拡散させる方法
    この商品情報を引用→引用サービスの画面が現れて、ブログパーツと同じくユーザーのホームページやブログへの情報引用を簡単にする
    更新しやすい体制→外部事業者を常勤のオンサイト。情報の確実な更新、障害やトラブルへの迅速対応、新たな技術やノウハウのスムーズな導入。担当者の社内異動や退職でも、ノウハウやナレッジの連続性が途絶えずにすむ。コストも、作業ごとに外注よりも割安になる場合が多い。
    コール問い合わせで来た内容から検索ワードの選定

  • デジタルマーケティングの理解を深めようとし、手にした本。

    ====
    企業が抱えるさまざまな課題を解決するデジタル・マーケティング手法を徹底解説。販売促進・商品企画・マーケティング担当者、目からうろこの1冊。

    ====

    という触れ込みだったが、特に目新しい情報はなかったので、入門書という感じ。
    この手の情報は、すぐに古くなってしまうから、「最新」というタイトルに違和感を感じた。

  • 最新と銘打っている割にはそれほど新しさを感じなかった。だけど、前半の導入事例のところは面白かった。それぞれの企業にそれぞれの課題があり、それを解決していく手法も様々だと感じた。特にオムロンの海外向けSEMは興味深く読むことができた。

  • 萩原雅之(ネットレイティングス、マクロミル)

    今後、インターネット市場は、ユーザーの有限な時間を奪い合う競争になっていくように恩います。
    一方、PVの推移を見ると、すでに減少局面に入っていることがわかります。これは、コンテンツがリッチ化したことによって、PVという指標が必ずしもネット利用の実態を表さなくなっていることを意昧します。ストリーミングやFlash、あるいはAjaxなどでコンテンツを視聴する場合、視聴時問が長くてもPVはカウントされません。ですから、米国のニールセン・オンライン(旧ネットレイティングス)は昨年の夏、PVではなく利用時間を主要なインターネット視聴の指標とすると発表したわけです。PVというのは、そもそもプリント・メディアの世界から借りてきた考え方ですから、ウェプで動画などを楽しむ習慣が一般化してくると、今後は指標としての便い方が難しくなっていくのではないでしょうか。
    p.93

  • あんまりたいした内容はなかったけど業界の簡単な導入本くらいに思っておけばよいかと。[2008/9/30]

全6件中 1 - 6件を表示

実践!最新デジタル・マーケティング―ウェブ、モバイル・マーケティングの現在と未来がわかる! (宣伝会議Business Books)を本棚に登録しているひと

実践!最新デジタル・マーケティング―ウェブ、モバイル・マーケティングの現在と未来がわかる! (宣伝会議Business Books)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

実践!最新デジタル・マーケティング―ウェブ、モバイル・マーケティングの現在と未来がわかる! (宣伝会議Business Books)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

実践!最新デジタル・マーケティング―ウェブ、モバイル・マーケティングの現在と未来がわかる! (宣伝会議Business Books)を本棚に「積読」で登録しているひと

実践!最新デジタル・マーケティング―ウェブ、モバイル・マーケティングの現在と未来がわかる! (宣伝会議Business Books)はこんな本です

ツイートする