ホントのことを言うと、よく、しかられる。勝つコピーのぜんぶ

  • 164人登録
  • 3.46評価
    • (4)
    • (18)
    • (20)
    • (3)
    • (1)
  • 14レビュー
著者 : 仲畑貴志
  • 宣伝会議 (2008年12月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883352098

ホントのことを言うと、よく、しかられる。勝つコピーのぜんぶの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 仲畑さんの、コピーの全てがここにある。

  • 【資料ID】139998
    【分類】674/N33

  • 会社のトーンにあわせて、言葉を作り、画と合わせてく。

  • 優等生なんて、と言うやつが社会を動かしている。

  • まっすぐ。

    かっこいいなと思えるコピーばっかりでした。

    仲畑さんはきっと、「ひとのために、じぶんはじぶん」な人なんだと思いました。

  • コピーの参考書です。書き取りの教科書になってます。僕的に。

  • キャッチコピーの本。

  • 広告文のコピー集です。
    コピーに悩んだときの参考にするとよいと思います。

  • どう読んでいいかわからない。少し時間がたってから読んでみよう。

  • 「あるコピーが受けるということは、その言葉を求める社会が存在する。」という部分が心に残りました。広告を作る人は、社会を良く見て、何が求められているか、常に見ておかないといけないのだと、勉強になりました。

全14件中 1 - 10件を表示

ホントのことを言うと、よく、しかられる。勝つコピーのぜんぶを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ホントのことを言うと、よく、しかられる。勝つコピーのぜんぶはこんな本です

ツイートする