伝わっているか?

  • 821人登録
  • 3.74評価
    • (49)
    • (92)
    • (63)
    • (16)
    • (4)
  • 81レビュー
著者 : 小西利行
  • 宣伝会議 (2014年6月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883353040

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西 加奈子
伊賀 泰代
ジェームス W....
三浦 しをん
佐々木 圭一
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

伝わっているか?の感想・レビュー・書評

  • これは秀作です!読みやすい上に、面白いビジネス書〜!( ^ω^ )
    イルカ(笑)がいい大人達に説教?レクチャー?する、という体裁の本作。コピーライターの作者が伝授する【伝わるキャッチコピーの作り方】という内容はビジネス書に間違いないのですが、イルカと人間のやりとりが、エンタメ小説を読んでるみたいに面白い〜!!(笑)

    軽妙なタッチの文章と、【面白おかしく読んで学ぶ】という学習意欲をそそる内容があいまって、大変楽しくお勉強させて頂きました*\(^o^)/*これは皆にオススメしたいな〜


    使えるネタいっぱい( ^ω^ )φメモメモ…

    【だけしか!】
    ・「ひと・ばしょ・じかん」を限定(◯◯さんちで採れた〜〜)。
    ・本日のオススメ(一日限定◯食)。
    ・データを入れたアピール(◯◯人に選ばれてます!)

    【相手をやる気にさせる!】
    ・共感(自分の伝えたい言葉と相手の望む言葉の交わる部分に伝えるべきものがある)
    ・アゲサゲ(ハードル上げて〜下げる〜←下げた方が狙い)
    ・ごほうび(メリット→頑張る!)
    ・ゲーム化(勝負だ!→頑張る!)
    ・喜怒哀楽(綺麗に使って!ではなく、綺麗に使ってくれてありがとう!)
    ・続きはあとで(気になる〜!と焦らして惹きつける)

    【観光客を増やすには?】
    ①事実を書き出す
    ②ターゲットを明確にする
    ③どうしたいか目標を定める

    これらを用いて

    ・一コマ目標!(切り取った風景に観光客が殺到している絵をペースとし、彼らが何故ここに来ているかストーリーを作る)
    ・あるない!(◯◯はないが、△△はある!)
    ・ひらめきスロット!(新しい◯◯×ターゲットが好きそうなキーワード=アイディア!)→コンセプトを作る!

    【キーワードをイメチェン!】
    ・マイナス言葉を→プラス形容+マイナス名詞に近い言葉→新しい価値観を作りうる!(草食男子、美魔女)

  • 伝わっているか、というより、伝えるために立ち止まって考えているか。伝わんなきゃ勿体無いもんね。

  • 自分が日ごろ「伝えたつもり」になっている事柄なんて、実はちっとも伝わっていない。ただ、少し考え方を工夫したり言い方を変えたりすれば、相手に伝わるはず。18のメソッドを場面に応じて使い分けるのには少々トレーニングが必要だろうけれど、習得できれば仕事でも家庭でも武器になると感じた。
    「喜怒哀楽」「ひとコマ目標」「ひらめきスロット」「スリーポイント」「ムリヤリルール」あたりのメソッドが特に胸にストンと落ちた。

  • 中身は納得したのだけど、イルカと客とのやり取りではなく、きちんとした文章、説明文で同じ中身を読みたいと感じた。いちいちイルカが客に大きな声(文字)で「伝わっているか?」と問題提起して話が進み出すの、正直序盤でものすごく飽きる。同じやり取り形式で話が進む『嫌われる勇気』の哲人のような丁寧な口調がイルカにあったら、もうちょっとちゃんと頭に入ってきた気がするが・・・。

  • p6〜

    わかりやすそう

  • 何気無い言葉。
    メソッドというと新しいけど、これは話術だ。
    しっかり理解することで、円滑なコミュニケーションがとれることだろう。
    興味深い一冊。

  • もうちょっと実例や具体例が欲しかったけど、さらっと読みやすくて単純に読み物として面白かったです。
    細かいスキルよりもマインドを育てる本な気もする。

  • 伝えようとするのでなく、相手の気持ちになって考えること。

  • 突然現れたイルカと、いろいろな立場にある困りごとを抱えた人たちが話す。
    その気持ち、伝わっているか?と聞かれて、「伝えたと思うけど」と勝手に判断してしまったら、その先の領域には進めない。
    いつでも「伝わっていないかもしれない」と想像し、「より伝わる方法を模索する」姿勢が必要なんだな。
    登場する20のメソッドは、正直その単語を覚えただけでは何も変わらない、何を変えていいかもわからない。
    共感図は、わかりやすいようでわかりにくい。
    日々、意識していかなければ、身についてはいかないな。
    でも、文章は非常にわかりやすいです

  • わかりやすくて、すぐに使える「つたわる」メソッド20個が、読者にちゃんと「つたわる」本です。

    相手のことを考える、と相手の立場になって考える、は似ているようで大きく違います。

    おもいやりがあってやさしそうに見えるのに、肝心なところで「心」が伝わらないように感じているときに、ヒントになりました。

  • 分かりやすくスラスラ読めました。

  • 相手に伝わっているか?それを意識するだけで人とのコミュニケーションは円滑になりそう、と思わされる本。(当たり前ですが…)
    その具体的な考え方をストーリー仕立てで紹介している、簡単に読み終えられる。
    この手の本は、普段から意識できるようになることが重要と考えていますので、こういったわかりやすいのは良いと思う。

  • その気持ち、伝わっているか?と毎回ドヤ顔ででてくるイルカが、言葉のつくり方を指南してくれる。面白おかしいので一気に読みました。中身もギュッと詰まってます。

  • かなり実用的なメソッド本。マスターするまで
    手元に置いて使いたい。

  • あなたのその言葉はつたわっているか?イルカが語る伝わる話し方。
    「言葉を変えようとすることは,すべてを変えるきっかけになる」。伝え方の大切さを最近ひしひしと実感しています。

  • 「伝え方が9割」の内容を、小説形式にわかりやすくした感じの本でした。
    まあ、それもそのはず「伝え方が9割」の佐々木圭一さんの師匠が、この本の著者の小西さんらしく、本の中でも佐々木さんの名前が出てきます。

    コミュニケーションの中で、「相手にどう伝えればいいか?」という悩みはどんな人にも当てはまるもので、広い層に対してコピーライティングを伝える本としては面白い内容だと思いました。

    ただ、個人的に会話形式の文章を読むのがかったるく、大事なポイント拾い読みで30分くらいで読んでしまいました。コピーライターの書いた本を読んだことがある人は別に読まなくてもいいかもしれません。

  • 読みやすいし面白かった!
    この本自体にもきっとノウハウが詰まってるんだろうなーと思った

  • 「伝え方が9割」の著者(佐々木さん)の先輩にあたる人が書いた本のようです。
    いるか と 桃子、ゲストたちの軽快なやり取りが楽しく、「伝え方」についてとっても勉強になる本です。

    日常生活でも、仕事でも〔人に何かを伝えたいと思っている人〕皆さんにおすすめです!

  •  「伝える」から「伝わる」へ、考え方を少し変えるための20のヒントを寓話方式で紹介している。
     「伝える」に意識を集中しすぎると、結局自分の意思を押し通すだけで、相手のことを考えていないのでそれを見直そう、という考えが本書の根本にある。
     20のメソッドにとりたてて新規性はないが、わかりやすく理解しやすい。それにしても、相手に伝えるのは難しい。

  • 面白おかしく脚色されているけれど、文中で語られる人に伝えるノウハウは実践的で勉強になるものばかり。ノリは軽いのに内容は充実してて大満足。

  • 簡単に考えたつもりにならず、相手に自分を置き換えて考える。なるべく具体的に考える。そのための技術がある。

  • サクッと読める一冊。「伝わる言い方」を丁寧にわかりやすくユーモアに書かれているのですぐに実践しやすい。コピーライターだけでけでなく、人とのコミュニケーションという点からすると、誰にとってもプラスになる内容だと思います。

  • 普段知ってるものでも、人・場所・時間を限定すると「特別なもの」になる

    人はみんな失敗したくないんだ。だからみんなが選んでるものを選ぼうとする。失敗しても、みんな選んでたものなら自分に言い訳ができるからな。

    「考える」ってのは「頭を使って時間を過ごす」のではなく、「目的にたどり着く方法をひねり出す」ことだ。

    「ひとコマ目標」目標のイメージを「絵と台詞」で表現すると、目標がより具体的になってわかりやすくなる。

    コンセプトって言うのは、目的と方法が書かれている設計図のようなものだ。聞いただけで、その仕事に関わる全員が、何が目的で、自分が何をすればいいかがわかる。

    メンバーのマネジメントは3つの段階がある。「命令」「実行」「運営」だ。
    命令は、部下への指示の方法。実行は、部下の能力を最大限活かす方法。運営は、先の二つをふまえてチームの意識を高める方法。

    「スリーポイント」
    「目的」と「相手の気持ち」と「その解決策」という三つのポイントを考えて言葉のアイディアをつくるんだ。

    例)男の子なんだから、人前で泣いては行けません

    「目的」人前で泣かせない
    「相手の気持ち」悲しいのは仕方がない
    「解決策」泣いていいけど人前じゃなければいい。

    →悔しかったら泣いていいよ。友達に見られるから、部屋に行くかい?

    「永久指標」
    1実現性(カンタン)
    2発見度(驚き)
    3効果度(売れそう)
    4拡散性(広がり)
    5満足度(クライアント)

    「人を思い通りに動かしてやろう」という姑息な技術ではなく、幸せなコミュニケーションを生む技術

全81件中 1 - 25件を表示

伝わっているか?を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

伝わっているか?を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

伝わっているか?を本棚に「積読」で登録しているひと

伝わっているか?のKindle版

ツイートする