買う5秒前

  • 141人登録
  • 3.54評価
    • (5)
    • (17)
    • (14)
    • (5)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 草場滋
  • 宣伝会議 (2015年2月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883353262

買う5秒前の感想・レビュー・書評

  • メディアとして読みやすいというのが終わってからの第一印象

  • 今や地縁、血縁、社縁に頼らなくても生きていける時代。かつて全員参加が義務付けられた社員旅行は風前の灯火。人は基本的には一人の時間が好きなのだ。他人の干渉を受けず、自分のペースで毎日を過ごしたいと思っている。一方、「気の合う仲間たちとは常につながっていたい」とも思っている。互いに過度に干渉することなく、ほどよい距離感で、自分のペースでつながっていたい。これに、どストライクで応えてくれたのがLINE。近年、あっという間に普及したSNSである。微妙な心理状態を代弁してくれる「感情的つながり」が若者たちの心をとらえた。「一人の時間は好きだけど一人ぼっちは嫌い」。そんな心理に訴えたのである。
    買う直前にそっと背中を押してくれる正体不明の購買動機がある。必要性とか、好みとか、お得感といったものとは全く異質で得体のしれないもの。「頭文字A」、「4」、「人間工学」「木のぬくもり」「小ネタ」「怖いものみたさ」「脇役」・・・・
    最後の一押しに困ったときは本書を紐解けばいい。心を刺激し人間本来の直感にアプローチする素敵なヒントが必ずある。

  • 当たり前の事が書いてあって、新しい発見はなかったかな。
    ただ、人は自分のことを少し特別と思いたい節があるかもしれないけど、案外流されているものな気がする。

  • きっと広告屋さんの間では普段からこんな会話が交わされているんだろう。世間の実感とは乖離した、企画を通すための「分析」や「洞察」をなぜか一般人にも披露した本。世事に疎い人間が流行っているものを知ったと言う点で、個人的には役に立った。

  • 人が商品を買う前に、何を考えているのか、何が後押しをしているのかを事例をもとにわかりやすく紹介している1冊。

    流行するモノには法則があるのかも?

    読んでいると「あー、確かに!」と思うことがたくさんあり、図も多く読みやすいので、スグに読み切れちゃいます。

    商品企画の方や、広報•ソーシャルメディア担当の方など、市場に新しいモノを提案するお仕事をされている方にオススメしたい1冊。

  • なんとなく、しかし影響は確実に受けている。そんなものがここには書かれている。

  •  期待したほどの本ではなかった。
     これを読んでどうこうというほどのレベルにまでは達していない。まああくまでも参考程度のものなのだろうけどね。


     購買動機 必要 お得 好み 流行 見栄 義理

  • 何かを買う際、「必要」で買うのか「見栄」で買うのか、自分の「好み」で買うのか「流行」で買うのか。買う5秒前がポイントであると。流行った事例、現象をその消費者インサイトを探り「何か背中を押したのか?」を考察する。

  • 現代の人々の「買う」を後押しする「インサイト・ツボ」を、具体的事例を通じて解説した一冊。あーーー、わかる!と共感してしまうツボがたくさんありました。小ネタが欲しいわたし、とかね。マーケティングに携わる人は読む価値ありー。

  • 半分はイラストなので、なんか読まされてしまったワタシ。

  • 2015年2月初版
    草場滋 著  
    ==
    人が購買行動を決める、最後の5秒の心理に注目した、マーケティング事例の本。

    やや”えいやっ”な感も否めませんが、発想支援としてはとってもいい一冊でした。デスクにおいておいて、企画に行き詰まった時手に取りたい一冊。

    心理学の勉強を本格的にしようかな・・・

全12件中 1 - 12件を表示

買う5秒前を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

買う5秒前を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

買う5秒前の作品紹介

買い物の決定権を握る「5秒前」その正体は?ヒット現象から読み解く消費者インサイト62事例。イラストとともに6カテゴリー別に解説。ヒット商品・サービスの歴史年表付き。

ツイートする