CMを科学する ―「視聴質」で知るCMの本当の効果とデジタルの組み合わせ方― (宣伝会議 実践と応用シリーズ)

  • 60人登録
  • 3.67評価
    • (4)
    • (5)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 横山隆治
  • 宣伝会議 (2016年4月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883353644

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
リチャード・P・...
ベン・ホロウィッ...
ハロルド・ジェニ...
みうら じゅん
クリス・アンダー...
伊賀 泰代
デール カーネギ...
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

CMを科学する ―「視聴質」で知るCMの本当の効果とデジタルの組み合わせ方― (宣伝会議 実践と応用シリーズ)の感想・レビュー・書評

  • 社会情勢、テクノロジーの進化等から、現状のメディアへの接触の仕方が変化してきている状況を踏まえながら、唯一のマスメディアであるTVCMの今後の活用、方向性を指し示した本。”
    視聴質”に着目し、オンライン広告との棲み分けを整理し、一気通貫でのマーケティングを実現する
    これだけデジタル化が進んでいながら、実はCMにはまだまだ科学する余地が多いと感じた

  • 定量的なデータをどうやってとるか、ネット(youtube)とどう連動するかについてをメインに読んだ。

  • テレビCMとウェブCMを対立構造ではなく、シームレスに統合する時代。
    そのために、どう考え、どうアプローチすればいいのか。ナイフを突き立てられたような厳しさを感じると同時に、希望も見える。
    勉強しなくては。そして、取り込んでいかなくては。

  • 今年になってから久しぶりに面白くて一気読みした本をブクログ本棚に。CMをただただ叩くのではなく、その現在の本質と立ち位置を見極めて整理して考えていきましょうというアプローチ。もちろんこの本だけですべてのクロスメディアプランニングは解決されないが、論理立ててfrom TV perspectiveで解説している組み立て方が面白い。例として、CMはだいたいスキップされてしまうよね→意味がないというのではなく、CMスキップ率はその番組やオーディエンスによって全く異なりまた筆者のいう「視聴質」を見ていかない限り、つまりユーザーが置かれている環境、オンライン広告では当たり前のuser-oriented思考と同等の尺度で測ることではじめてクロスメディアプランニングができるという、当たり前といえば当たり前の話を整理してCMの考え方を論理立てている。

  • CMを視聴率のみでなく最新のデータを使い、クリエイティブ的側面、メディア的側面から、インターネット、ソーシャル時代のCMのあり方を分析。日本のエージェンシーでここまでできているところは少ないと思うが、確かにこういう道に進むと思う。今、この本をクライアントの担当者が読んだら困るエージェンシーは多いかも。

  • デジタルメディアの発達に伴い、テレビCMの効果が若年層を中心に落ちる中、広告主及び代理店に求められる行動を提言した一冊。
    テレビCMはもう終わったと言うのではなく、下がった影響力を客観的なデータで捉えつつ、それを補うためのデジタルマーケティングのあり方を説明しています。日本には馴染みのないデータソースを多く紹介しているので参考になる。
    ビックデータの時代と言われながらデータ分析不毛の地帯であった日本のテレビCMにもついに改革の波が押し寄せるか。

全7件中 1 - 7件を表示

横山隆治の作品一覧

横山隆治の作品ランキング・新刊情報

CMを科学する ―「視聴質」で知るCMの本当の効果とデジタルの組み合わせ方― (宣伝会議 実践と応用シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

CMを科学する ―「視聴質」で知るCMの本当の効果とデジタルの組み合わせ方― (宣伝会議 実践と応用シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

CMを科学する ―「視聴質」で知るCMの本当の効果とデジタルの組み合わせ方― (宣伝会議 実践と応用シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

CMを科学する ―「視聴質」で知るCMの本当の効果とデジタルの組み合わせ方― (宣伝会議 実践と応用シリーズ)のKindle版

ツイートする