PR視点のインバウンド戦略—訪日中国人の興味は「爆買い」から「体験」、「都市」から「地方」へ

  • 21人登録
  • 3.80評価
    • (0)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 宣伝会議 (2016年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883353767

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
西 加奈子
有効な右矢印 無効な右矢印

PR視点のインバウンド戦略—訪日中国人の興味は「爆買い」から「体験」、「都市」から「地方」への感想・レビュー・書評

  • インバウンドを調べていて中で、
    書籍では1番わかりやすかった。

    観光を考えること上で、力点を置くべきターゲット。

  • インバウンド対策を考える上でのPRに力点を置いた基本書。中身としては、中国向けの話が中心であるが、考え方は同じであるため、広くインバウンド対策を考えるでの基本を押さえてくれている。どうやって誘客をすれば良いのか迷っている方、インバウンドについて基本を押さえたい方は読んで損はない。

    一方で、どうやって隠れた観光コンテンツをつくるのか、それをどうやって提供していくのかについては深くまで入っていない。それはこの本が「PR視点」というタイトルからわかるとおりであるが、観光コンテンツの創出について知りたい場合は実りは多くないでしょう。

    私としては、PRも絶対大切だけれども、それ以上にいかに地元から地域の魅力を創出しそれを提供していくのかがインバウンド対策(通常の観光施策)では重要であると思う。隠れた地域の魅力を発掘し、それを磨き上げ、観光客に提供できるまで昇華させ、それを持続的に回していく体制を整え・・・なかなか骨が折れる作業になるが、こういった取り組みは地元のプレイヤーがどう関わるかがキーであると思う。

    ただこういったことを考える上で、マーケットイン思考ではないが、PR視点を持っておくことは必要だろうと思うので、この本は読んでおいてよいと思う。

全2件中 1 - 2件を表示

PR視点のインバウンド戦略—訪日中国人の興味は「爆買い」から「体験」、「都市」から「地方」へを本棚に登録しているひと

PR視点のインバウンド戦略—訪日中国人の興味は「爆買い」から「体験」、「都市」から「地方」へを本棚に「読みたい」で登録しているひと

PR視点のインバウンド戦略—訪日中国人の興味は「爆買い」から「体験」、「都市」から「地方」へを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

PR視点のインバウンド戦略—訪日中国人の興味は「爆買い」から「体験」、「都市」から「地方」へを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

PR視点のインバウンド戦略—訪日中国人の興味は「爆買い」から「体験」、「都市」から「地方」へを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする