逆境を「アイデア」に変える企画術 ~崖っぷちからV字回復するための40の公式~

  • 34人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 河西智彦
  • 宣伝会議 (2017年10月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883354030

逆境を「アイデア」に変える企画術 ~崖っぷちからV字回復するための40の公式~の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 著者が実際に再生を手がけた「ひらかたパーク」、森永製菓の「JACK」、「大阪経済大学」の3つの事例を紹介しながらアイデアを生み出す40の公式を学べます。広告関連の仕事だけでない汎用性がある公式だと思うのでビジネスに活かしたいです。

  • ①人は、心に3つのフォルダを持っている
    行かない/買わない/利用しないフォルダ

    ②地元愛☓メジャーな存在で「応援行動」が生まれる
    応援行動・応援したくなる心理が興味を持たなかった存在に目を向けさせる力になる

    ・クライアントの収益構造を考える
    ・従来とは異なる収入の柱を見つける
    ・その柱の新しいアイデアを見つける

    ⑥行く理由を2つつくると人は動く

    人々を行動させる上で大切なのは、表現のアイデアより「どう行動させるかのアイデア」

    ⑧結果が読めない、筋書きのないドラマやストーリーを作ると、人々を巻き込める
    cf. 過去10年間で2回しか達成していない

    ⑪一番大きな制約だけを課題に加えて発想してみる

    ⑮日本人には数字が効く

    ⑯広告をする最終目的である、「売上を増やすこと」から逆算すると、起死回生のアイデアが生まれる


    ⑳どの商品情報を知った時に、自分の意識が変わったか、を覚えておく
    意識の変換チェックポイント法

    ㉑「買ってもいい/行ってもいいフォルダ」に入るような理想型を自由に考えてみる

    ㉒考えた理想型を分解し、買ってもらうためのポイントを抽出する

    ㉒人は、一般常識とは逆の情報に接すると、その理由を確認したくなる(確認行動が生まれる)

    頑張る弱者を応援する行動 cf.森永ジャック

    ㉝良い感想を発生させ、見た人が購入して感想を書き込み、見た人がまた購入し、と口コミの正の循環を回す

    ㉞商品やサービスの実力を客観的に見極めて、事前期待値を実力より高めないようにする

    ㊴ビジネスサイクルの1〜2点に絞って改善すると、負の回転が止まり、やがて正の方向に回り出す

  • 「ひらパーの宣伝が最近面白いなぁ...」
    「どんな人が作ってるのかな」
    とずっと気になっていました。

    そこでこの本を書店で見つけた時は即買いしました(笑)

    斬新な広告・PRで数字もあげたひらパーでしたが、
    制作の秘訣(この本では公式と表現しています)は
    意外にシンプルでした。
    今からでも実践できそうなものが
    多いような印象を受けました。

    何事も目標を見失うことはよくないことだな
    とも個人的には思いました。

    広告業界で働きたい人にはオススメしたい1冊です。

全3件中 1 - 3件を表示

河西智彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
瀧本 哲史
松村 真宏
クリス・アンダー...
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

逆境を「アイデア」に変える企画術 ~崖っぷちからV字回復するための40の公式~はこんな本です

逆境を「アイデア」に変える企画術 ~崖っぷちからV字回復するための40の公式~を本棚に登録しているひと

逆境を「アイデア」に変える企画術 ~崖っぷちからV字回復するための40の公式~を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

逆境を「アイデア」に変える企画術 ~崖っぷちからV字回復するための40の公式~を本棚に「積読」で登録しているひと

逆境を「アイデア」に変える企画術 ~崖っぷちからV字回復するための40の公式~のKindle版

ツイートする