小さな会社の新米サーバー/インフラ担当者のためのLinuxの常識

  • 53人登録
  • 3.82評価
    • (1)
    • (7)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 中島能和
  • ソシム (2014年8月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883379422

小さな会社の新米サーバー/インフラ担当者のためのLinuxの常識の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昔読んでたけど、業務で使うようになるので改めて読了。
    一般的なサーバーの概要、仕組みから体系的に説明してあるので
    サーバー管理者とかじゃなくてもウェブサービスの運用に携わる人間なら必読かな、とも思った。

  • 【選書フェア】
    資料ID:98141032
    請求記号:547.483||N
    配置場所:工枚選書フェア

  • Linuxの基本についてかなり丁寧に解説してある。Linuxとは何か?といった事から仕事でどのように使うのか?といった事まで分かりやすく説明している。インターネットに関するコマンドの説明もあるが、誰でも理解できるように書かれてある。サーバーやセキュリティの側面からのLinuxについて書かれた本だが、普段Linuxを使わない人でも、この本は読んでみる価値はあると思う。逆に、Linux経験者は別に読まなくてもいいと思う。

  • Linuxの基本だけでなく、インフラにまつわる部分にも触れられていて、広く知ることができる。最低限のコマンドの使い方や、トラブルシュートもあり、これからLinuxに触れる人や、久しぶりにLinuxに触る人には向いてる良書。

全5件中 1 - 5件を表示

小さな会社の新米サーバー/インフラ担当者のためのLinuxの常識を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

小さな会社の新米サーバー/インフラ担当者のためのLinuxの常識を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

小さな会社の新米サーバー/インフラ担当者のためのLinuxの常識を本棚に「積読」で登録しているひと

小さな会社の新米サーバー/インフラ担当者のためのLinuxの常識の作品紹介

サーバー構築・運用管理・セキュリティ・トラブル対策etc。いま現場で必要なLinuxの基礎知識を完全理解。現場で最低限知っておきたいポイントがわかる!

小さな会社の新米サーバー/インフラ担当者のためのLinuxの常識はこんな本です

ツイートする