ミミズと土と有機農業―「地球の虫」のはたらき

  • 14人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 中村好男
  • 創森社 (1998年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (123ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883400546

ミミズと土と有機農業―「地球の虫」のはたらきの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 〈本から〉
    「自然の鍬」ミミズの五大寄与
    摂食前行動
     動き回る、食べる

     尿をする〈培養液〉

    接触後行動
     糞をする〈黄金の土〉

    死して
     体〈培養基〉


    ミミズが土の環境を改変・創造し、土壌動物の多様性を高める火つけやくを果たすには、二~三年が必要

  • ミミズの役割を 多面的に論じて 面白かった。
    畑から ミミズが 姿を消した。
    それが 化学農薬と肥料だった ことは
    はっきりしているが・・・
    ミミズを取り戻すと言うのは かなり総合的な視点がいる。

    最適温度 最適PH 最適湿度と水分
    そして ミミズは何を食べるのか?
    ミミズは どうやって 消化するのか?
    体内的な 細菌の活躍は どんな意味があるのか?
    など 参考に なることが 多かった。

    しかし、どうやって ミミズを養殖するのか?
    ということが よくわからないまま あっという間に終わった。

全2件中 1 - 2件を表示

ミミズと土と有機農業―「地球の虫」のはたらきを本棚に登録しているひと

ミミズと土と有機農業―「地球の虫」のはたらきを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ミミズと土と有機農業―「地球の虫」のはたらきを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ミミズと土と有機農業―「地球の虫」のはたらきを本棚に「積読」で登録しているひと

ミミズと土と有機農業―「地球の虫」のはたらきはこんな本です

ツイートする