伝統食の復権―栄養素信仰の呪縛を解く

  • 22人登録
  • 3.60評価
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 島田彰夫
  • 不知火書房 (2011年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883450237

伝統食の復権―栄養素信仰の呪縛を解くの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 資料ID:W0162442
    請求記号:498.5||Sh 36
    配架場所:本館1F電動書架C

  • 請求記号・498.5/Sh 資料ID・100059415

  • 現代日本の欧米化した食生活を見直し、地域に根付いた伝統的な日本型食生活を取り戻そう、というの主題。

    地域ごとの食生活は、気候風土に順応し、必然的に、長い時間をかけて形成される。ヨーロッパは緯度が高く寒い。だから、牛乳を飲んだり、肉を食べたりする食文化が発達した。一方、アジアは、稲作など、豊富な穀物栽培が可能であり、それに応じた食文化が発達した。

    文明開化と第2次世界大戦を経て、日本の食生活は短期間で劇的に変化したが、それでよいのか?と筆者は疑問を投げかける。


    「牛乳はカルシウムが取れて、良質なたんぱく質がとれる」ってのはいわゆる「一般常識」となっているけど、日本人にとって必ずしもそうではない!という下りが何度も出てくるが、そこらへんが興味深い。

    個人的には、筆者が主張する、米を増やし、肉を極端に減らし、牛乳を飲まない食生活を実践するのは現実的に難しそう。肉好きだし、乳製品も好きだし(笑)そうはいえ、ちょっと感化されそうな勢い。できる範囲で実践してみますか。

全3件中 1 - 3件を表示

伝統食の復権―栄養素信仰の呪縛を解くはこんな本です

ツイートする