図書館情報資源概論 (現代図書館情報学シリーズ)

  • 23人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 高山 正也  平野 英俊 
  • 樹村房 (2012年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883672080

図書館情報資源概論 (現代図書館情報学シリーズ)の感想・レビュー・書評

  • 高山正也・平野英俊編『図書館情報資源概論』(樹村房、2012)を読む。

    司書課程の教科書。

    図書館資料の何たるか、資料選択とコレクション形成、無形出版物としてのネットワーク資料など興味深いトピックが目白押しです。

    中でも、メディアという観点で、図書館、文書館、博物館と分担と連携について語った部分が秀逸です。

    名古屋市にも公文書館たる「市政資料館」が存在しますが、ここは総務局の支配となっており、教育委員会事務局の支配にかかる図書館、博物館、科学館とは別のものです。

    【本文より】

    ◯本来、図書館と文書館、博物館は一体であり、人類の経験に基づく記録資料類を集積する社会的制度であったが、記録形態、方式の多様化、進歩に伴い、それぞれに文化してきたという歴史的経緯がある。

    ◯文書館資料は、発生源を明らかにする〈出所原則〉と〈原秩序尊重の法則〉をもち、資料一点ごとの分類ではなく、資料群が作成された状況が再現できるように全体の編成を重視するという点も、図書館資料との大きな違いの一つである。

全1件中 1 - 1件を表示

図書館情報資源概論 (現代図書館情報学シリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

図書館情報資源概論 (現代図書館情報学シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

図書館情報資源概論 (現代図書館情報学シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

図書館情報資源概論 (現代図書館情報学シリーズ)はこんな本です

ツイートする