図書館長論の試み

  • 44人登録
  • 4.63評価
    • (5)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 内野安彦
  • 樹村房 (2014年5月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883672356

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アントネッラ・ア...
有効な右矢印 無効な右矢印

図書館長論の試みの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 学校図書館の館長とはいったい誰なのか?ということを考えさせられた本。

    大学図書館と公共図書館に勤務した経験がかつてあるけれど、どちらも委託業務だったので館長と接することはほとんど無かった。そして学校司書をしている現在は当然館長はいない。それ故、漠然と抱いていた館長に対するイメージがこの本を読むことで具体化されたことはもちろん、図書館長論を通じて図書館の管理・運営・図書館員の心得も学ぶこともできた。

    さらにその上で、では学校図書館において「館長」の役割は誰が担うのか?ということも考えさせられた。

    学校長は学校現場の教職員に対する責を追うし教職員同士のコミュニケーションや学校の管理・運営の役割も担うが、学校図書館に関しては専門家では無く専門的な指導や図書館運営に深く携わることができない。

    研修を所管する教育委員会は指導主事などが学校図書館担当者を兼ねることが多いが、学校図書館に疎いことが多く担当者は短期間で変わってしまう。

    では現場で働く学校司書が館長かと言うと決してそんなことはない。この本の中に出てくる館長が担うことを学校司書が担うことがあるが、学校の管理職や教育委員会の学校図書館担当以上の権限を持つことはない。そもそも学校司書不在の学校やいても厳しい雇用条件の学校が大半であり、館長どころか図書館員不在だ。

    学校図書館では館長の役割が分散されており、なおかつそれぞれが役割を十分に担っていない、担えない状況にある。図書館長不在の学校図書館において、とかくおざなりになりがちなことがこの本を読むと浮き彫りにされるように思う。

  • 前から読まないと、と思っていた内野先生の図書館長論。
    ご自分の経験を踏まえた上で、新任館長向けに、館長が気を払うべきポイントについてトピックごとに簡潔にまとめられている。

  • 図書館における新任の図書館長や管理職の方々にぜひ読んでいただきたい本です。

  • 仕事で人の上に立つ方々は、もともとすぐれた資質をお持ちな事はもちろん、キャリアを積みながらスキルアップし何が起きても臨機応変に対処できる基本的な知恵と手段を身につけ、そうして行く中で人格も磨かれていくのだろう…などと、若い頃は漠然と思っていた。
    しかしながら、ここ数年、周囲を見渡し、自分のこれまでとこれからを考えるにつけ、どうもそうではない、そんなわけはやはりない、人は求められる職や立場に置かれるにあたっては、それ相応の訓練と練習が必要なのだと強く感じるようになった。
    この本は、こうした訓練と練習のための格好のテキストである。

全4件中 1 - 4件を表示

図書館長論の試みを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

図書館長論の試みを本棚に「積読」で登録しているひと

図書館長論の試みの作品紹介

『だから図書館めぐりはやめられない』『図書館はラビリンス』の著者が「図書館長の仕事」に焦点を絞り全国の関係者へ向けて真摯に発信する実践的提言集!

ツイートする