分身パラダイス (トーキングヘッズ叢書)

  • 13人登録
  • 3.43評価
    • (1)
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • アトリエサード (2006年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883750788

分身パラダイス (トーキングヘッズ叢書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 目当ては井桁裕子。
    彼女のつくりだすものを見ると、人間が人間ではなくなろうとするベクトルと、同時に、というか別次元で、より人間であろうとする熱烈な情熱を感じる。
    毎回彼女の作品を見るたびに、ここまで来たのか……と呆然としてしまう。

    本橋牛乳の夢野久作に関する論考も面白かった。

  • 吉田良の人形はいつみてもうつくしい。他がぐろっぐろだから余計。
    分身がどうしてこんなに不気味に感じるのか。見えてなかった自分がそこにさらけ出されてるからだろうか。

全2件中 1 - 2件を表示

分身パラダイス (トーキングヘッズ叢書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

分身パラダイス (トーキングヘッズ叢書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

分身パラダイス (トーキングヘッズ叢書)はこんな本です

ツイートする