どおまん・せいまん奇談―鳥羽ミステリー紀行

  • 17人登録
  • 2.17評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (2)
  • 6レビュー
著者 : 荒俣宏
  • ゼスト (1999年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883770885

どおまん・せいまん奇談―鳥羽ミステリー紀行の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 風水の小説。なんとも理解ができない。風水が理解出来ないのではなく、読書における集中して想像するという行為ができない本。難しいからなのか、登場人物が好きになれないのか分からないが、理解しづらい本。

  • 中途半端な本だった。帯や、タイトルにかなり期待して読んだのだが、ミステリー色も淡く、奇談?も淡く、結局地域を風水的に語り知識を披露したかった、それにミステリーなどお話の方は面白く付いてこなかった、という感じ。

    きれいな装丁、個性的なタイトル、もったいない。

  • 帯表
    風水師黒田龍人登場!!
    失われた久喜嘉隆の秘宝をはたして発見できるのか?
    あの大作『帝都物語』『シム・フースイ』シリーズにつづく長編伝奇小説

  • 知識の宝石箱や!(ひこまろふう)

  • これは鳥羽の観光小説…なんですね。
    たしかに鳥羽に行きたくなる。親に連れられて鳥羽水族館に行った子供の頃とは、まったく違った視点で旅ができそう。

  • 魔人・加藤保憲と戦った風水師黒田茂丸の孫、黒田龍人が主人公のシム・フースイシリーズ。本作はその外伝的位置付け。私はこのシリーズで初めて読んだ。鳥羽のキャンペーン小説だったらしい・・?あまりオカルト味は無かった。鳥羽は面白い土地だ。水族館と真珠が思い浮かぶ。

全6件中 1 - 6件を表示

どおまん・せいまん奇談―鳥羽ミステリー紀行を本棚に「積読」で登録しているひと

どおまん・せいまん奇談―鳥羽ミステリー紀行はこんな本です

ツイートする