急性肺塞栓症 (救急・集中治療 Vol16 No4)

著者 : 丹羽明博
  • ¥ 2,700
  • 総合医学社 (2004年03月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (119ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883782574

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

紋切型社会――言葉で固まる現代を解きほぐす

武田 砂鉄

社会を硬直させる決まりきったフレーズを解きほぐす

「全米が泣いた」「新進気鋭の~」「渾身の~」「誤解を恐れずに言えば」など、紋切型の言葉が社会をどう硬直させているのかを著者でライターの武田砂鉄さんが書いた「渾身の」一冊です。
この本を読んで、いかに自分が紋切型の言葉を使っているのかとハッとさせられ、帯にある重松清さんの言葉を引用すると「読むとヒリヒリ痛くて、クセになる」は同意できます。
本の中では、いろいろな紋切型の言葉に対しての批評、散文が展開されおり、淡々とした調子でその言葉を分析し、なぜその言葉が社会を硬直させていってるのかが解きほぐされていきます。
言葉を書くときに改めて考えなければと、キッカケになる一冊です。

本の詳細&レビューを読む»