妖霊星―身毒丸の物語

  • 39人登録
  • 3.38評価
    • (3)
    • (5)
    • (14)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 近藤ようこ
  • 青林工芸舎 (2004年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (166ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883791675

妖霊星―身毒丸の物語の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なんと言っていいか。
    よくわからなかった。
    原作があるのかな?
    タグに古典ってあるから、原作があるのかもね。

  • 説教節「身毒丸」の物語。親の因果で子供が苦労する物語。不条理である。清水寺の観音がいやな人格に描かれている。

  • 主人公達の悩みは言わば中二病で無駄に理屈っぽい。
    その理屈を越えた先の情念の段になると、近藤ようこの本領発揮。

  • 説経節からのアレンジ。天井桟敷とは直接関係ないです。

  • 古典ファンタジー

  • 水のように静かで透明。そして後を引く。

全6件中 1 - 6件を表示

妖霊星―身毒丸の物語はこんなマンガです

ツイートする