マンガ嫌韓流2 (晋遊舎ムックシリーズ)

  • 264人登録
  • 3.39評価
    • (22)
    • (23)
    • (99)
    • (6)
    • (1)
  • 23レビュー
著者 : 山野車輪
  • 晋遊舎 (2006年2月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883805167

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
劇団ひとり
白石 昌則
山野 車輪
有効な右矢印 無効な右矢印

マンガ嫌韓流2 (晋遊舎ムックシリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • やれやれ本当に凄い国だ。

  • 当時の話題作。でも新鮮。

  • 論調は前作と同様。
    事実の真偽は他出版物でも検証する必要があるが、問題提起には抜群の効果。

  • やはり今回も、結構知っている事ばかり、でした。

    明成皇后、が日本から贈られた称号だったとか
    何故ここまで韓国が反日で教え込んでいるのか
    それらは知りませんでしたが。
    まさか、子供によくある『負ける方に付きたくない』の
    理論だったとは…。
    単純で、非常に分かりやすい理由です。

    おまけの所に、アポなしでやってきた、とありましたが
    乳出しチョゴリの件もありますし、そういう文化だと
    思えば特には…。
    とはいえ、人の家にいくなら、そこの家のルールを
    厳守するものです。

  • 分かりやすかったが、偏らない情報とならないよう、自分から多くの情報で判断したいと思います。

  • 在日特権という優遇制度がある限り、在日韓国・朝鮮人たちは、日本に帰化するという道を選ばないでしょうね。
    それは逆に日本人との節度ある共存を求めてていないというメッセージであると認識せざるを得ない。
    日本国においてきょぞんを求めないのならば、在日韓国・朝鮮人達のために日本人が苦しめられていることに相違ないでしょう。在日特権を撤廃し、朝鮮国に棄民政策をやめさせ在日を叩き出すしか無いではないか。
    これは差別じゃない。日本人と外国人を明瞭に区別し、日本国における日本人を防衛するということです。
    そして、21世紀の現在日本統治時代を知る人間が少なくなり韓国政府が作り出した偽りの歴史を妄信する人々が国民の多数を占める事実は、紛れもない反日政策を執らざるを得ない韓国に対して憂いを持つのである。
    一体何処に向かって進んでいるというのか。

  • 前巻に引き続き驚く内容なのだが、ここに書いてある事の妥当性・信憑性の判断もできないぐらい隣国について何も知らないという事なんだろう。
    スタンス的・漫画的に韓国を茶化す感じで印象操作になっているのは致し方なく、目くじら立てる程でもない。それより、あえてタブーに挑戦しこういう本を出す事の意義や勇気を評価したい。この本に反論があるなら反論本を出せばいいし、そういう言論・出版の自由が認められる国であって欲しいと思う。

  • 興味をもっていない人に、この本の内容を伝えるのは危ないですね。変人か?って目で見られてしまう(笑)
    それくらい日本人は、日本の歴史を知らずに育ってしまったのでしょう。
    全ての韓国人が反日なわけではありません。しかし、韓国政府にとっての反日は国策です。それは彼らの側からすれば、自分達の利益の為に、当然のことをしているのだと思います。
    問題は、当の私たち日本人の多くがそれを知らないことなのかなと。
    この本、少々過激に感じますが、新聞なんかより余程為になりました。

  • びっくりすることだらけです。韓国では身体障害者への差別が当たり前であることや、反日の絵を学校で書かせて、公共の場所に飾る。カナダやアメリカなどの国にそのことで指摘をされるとはずす。しかも、その絵は「セーラームーン」や「ドラエモン」が日本を踏みつけている絵だったりする。そのキャラクターが日本生まれということ知らないなんて・・茶道も剣道もキャラクターまで韓国生まれを主張するなんて。。そのせいで、韓国生まれだと勘違いする国もでてきている。
    この本の内容がすべ本当なら、韓国を嫌いになってしまうのは仕方ないかも・・

  • あんなバカな韓国人ばかりじゃないだろうに。。。

全23件中 1 - 10件を表示

マンガ嫌韓流2 (晋遊舎ムックシリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

マンガ嫌韓流2 (晋遊舎ムックシリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

マンガ嫌韓流2 (晋遊舎ムックシリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マンガ嫌韓流2 (晋遊舎ムックシリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

マンガ嫌韓流2 (晋遊舎ムックシリーズ)はこんな本です

ツイートする