自殺ドミノ――自殺事件に巻き込まれた人々の恐るべき証言 (晋遊舎ブラック新書9)

  • 17人登録
  • 2.89評価
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (1)
    • (2)
  • 4レビュー
著者 : 石原行雄
  • 晋遊舎 (2008年5月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883807925

自殺ドミノ――自殺事件に巻き込まれた人々の恐るべき証言 (晋遊舎ブラック新書9)の感想・レビュー・書評

  • 自殺は自分一人だけでなく残された者をも間接的に殺害してるということ。

  • 身近な人が自殺で亡くなった人、自殺があったところの関係者さんなどのお話で構成されている。
    一応「自殺をするとこんなに人や地域や社会に迷惑をかけるし、周りの人はダメージを受けるんですよ」ということを伝えるためにこの本は作られたようなのだけど、深夜一人でこの本を読んでいると心なしかどんよりとしてきてしまい、うっかり自殺って…と考えて暗くなってしまった。

    それくらいリアルな話なのだけど、この本を読んで希死念慮を持つものを制止できるか?と考えると、ちょっと難しいのでは、と思う。
    そういう人がこういう本を手に取る余裕があるのか?
    きっと答えは「否」。

    でも何かしらの効果があるといいな、と希望を持ちたいところ。

  • 自殺なんて美しい死に方なんかじゃなくて
    自分の愛する人ほどドミノ的に大ダメージを
    与えてしまうんだぜって本で
    証言の羅列+どうでもいい解説的な……ふぅ

  • 自殺は連鎖する

全4件中 1 - 4件を表示

自殺ドミノ――自殺事件に巻き込まれた人々の恐るべき証言 (晋遊舎ブラック新書9)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

自殺ドミノ――自殺事件に巻き込まれた人々の恐るべき証言 (晋遊舎ブラック新書9)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

自殺ドミノ――自殺事件に巻き込まれた人々の恐るべき証言 (晋遊舎ブラック新書9)を本棚に「積読」で登録しているひと

自殺ドミノ――自殺事件に巻き込まれた人々の恐るべき証言 (晋遊舎ブラック新書9)はこんな本です

ツイートする