似魚図鑑(にざかなずかん)

  • 19人登録
  • 3.75評価
    • (2)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
  • 晋遊舎 (2008年11月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883808625

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

似魚図鑑(にざかなずかん)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 見開きカラーでメジャーな魚介類とその代用魚を紹介。丸のままを見ることが少ない種ばかりなので読んでいて楽しい。代用魚=悪ではなく、資源開発の面からも必要、との視点に救われる。

  • 以前に何度も読んだ本だがまた調べたくなったので書く。

    端的に述べると我々の需要を満たすため有名魚の代わりに使われている魚に関して記している本。

    例えばアナゴでなくてウミヘビ(魚類のほう)だとかスズキのかわりにナイルパーチだとか。
    先日関東に出向いた際に専門機関の人に話を聞いたがいまやブラックタイガー(クルマエビの代用)が更に代用で促成栽培できるバナネイというエビに変わっているそうだ。

    まぁ、わが国の水産行政が持続的な漁業に軸足を移せない限り新たな代用魚が開発されていくのだろうがいつまでそれが続くか。
    それが、問題だ。

    かなり写真と簡単な説明で読みやすいのでお勧め

  •  代用魚がたくさん。
     どのくらい使われているのか分からない。
     もっと、はっきり書いてほしい。書きにくいんだろうけど。
     魚の比較は面白い半面、食欲が減った。

  • まー面白いけど、イラストとかの使い方が、類似の物がとてもグロく、凶暴的に描かれているのが、よく分からない。

全5件中 1 - 5件を表示

似魚図鑑(にざかなずかん)の作品紹介

姿違えど良く似たお味。貴方が食べた魚の姿。混迷する日本の食卓あなたの食べた魚はこれです。

似魚図鑑(にざかなずかん)はこんな本です

ツイートする