盲目の天使

  • 15人登録
  • 2.80評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : AtaRu☆
制作 : 森 亜弦 
  • スターツ出版 (2012年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883811816

盲目の天使の感想・レビュー・書評

  • 敗戦国の盲目の姫リリティス(16)に一目惚れしちゃった敵国の第一王子カルレイン(25)が、リリティスを嫁にするっつーて自国に連れ帰って、後継者争いに巻き込んだあげく、リリティスが記憶を喪失してカルレインのこと忘れちゃったまま、ハッピーエンドに至るラブファンタジー。カルレインがリリティスにメロメロ(笑)なのが周囲にダダモレで乳母やら側近やらに生暖かく見守られてる処が微笑ましい。ストーリーもそれなりの紆余曲折と二人の心情変化の緩急もあってリズムよく読めるライトさが良かったと思われます。

  • レジーナブックスみたいな感じなのかな?と読み始めてみる。・・・うん。普通に面白かった、かな?

    主人公の盲目のお姫様・リリティスはめっちゃいい子。可愛いし、儚げだし、思わず守ってあげたくなる感じ。相手役の敵国の王子・カルレインも強引で俺様だけど、だんだんと優しくなっていく感じが王道で良い感じ。
    話はテンポよく進み、さくさく読めます。レジーナよりもケータイ小説に近い感じで1文が短いし、会話文も多いからホントさくさく・・・。
    ラストももちろんハッピーエンドでハーレクインロマンス的な感じでした。まぁ、こういう安心して読める話は何も気にせず読み進めることができるから気が楽でいいですね。オチは読めてしまいましたが(笑)

全3件中 1 - 3件を表示
ツイートする