クリアネス―限りなく透明な恋の物語 (ケータイ小説文庫)

  • 17人登録
  • 3.25評価
    • (1)
    • (1)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 十和
  • スターツ出版 (2009年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883815005

クリアネス―限りなく透明な恋の物語 (ケータイ小説文庫)の感想・レビュー・書評

  • スゴイ感動すとーりぃ

  • 携帯小説でよくありがちな、
    「稚拙」な頭の軽い文の羅列を並べただけの
    ものが多かったですが、このクリアネスは割と
    しっかりしていて良かったです。

    もちろん文の簡単さなど携帯小説の特徴はありますが、
    素人さんにしては構成・表現力共に評価でき、

    冷めた少女さくらと無垢なレオのまさしくクリアな恋に
    うるっときました‥‥

    ラストが少し急いで走った感はありますが、
    間の心理描写も携帯小説にしては素敵でした。

    でも、これはあくまで携帯小説。
    だからそういう垣根を気にしない方、
    または携帯小説好きの方にお勧めです。

  • やさしい彼氏、友達、
    なにもかも順風満帆に生活しているのに、
    自分のマンションに客を招いて体を売る大学生のさくらは、
    隣のビルの一室で出張ホストをしている少年を"レオ"と名付けていつも見ていた。
    ある日いやな客を接客していたさくらの部屋に突然"レオ"が現れて助けてくれた。
    それをきっかけに2人はひかれていくが、"レオ"の衝撃的な事実を
    オーナーから聞かされることになる。

  • 女子大生のさくらは、部屋の窓から見える美少年に興味を持ち、「レオ」と名づけ密かに観察をする。ある日、突然さくらの部屋にレオが現れた。お互いに何度か会うようになり、さくらはレオを好きになるが、レオは過去に深い傷を覆っていて、なかなか2人が結ばれることはなかった。さくらの元彼(コウタロウ)とレオがあるとき喧嘩になり、コウタロウは車に引かれてしまい、さくらとレオは色々な所に逃げるが、レオは東京に戻り、罪を償って再びさくらの前に現れ、2人の道を歩んでいくというお話で、いろいろ問題があったけど、愛する人を待ち続けるさくらの気持ちを考えると、どこか苦しいけど、素晴らしい恋だなと思いました。

全6件中 1 - 6件を表示

クリアネス―限りなく透明な恋の物語 (ケータイ小説文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

クリアネス―限りなく透明な恋の物語 (ケータイ小説文庫)はこんな本です

クリアネス―限りなく透明な恋の物語 (ケータイ小説文庫)の単行本

ツイートする