不機嫌でかつスイートなカラダ【ベリーズ文庫版】

  • 11人登録
  • 3.60評価
    • (0)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 桜川ハル
  • スターツ出版 (2014年5月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (329ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883818433

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

不機嫌でかつスイートなカラダ【ベリーズ文庫版】の感想・レビュー・書評

  • ベリーズ文庫版ということなので、他でも何度か出てるってことですよね。
    私は初めて読みましたが、ベリーズ文庫にしては二人とも若いかな…と。
    お話自体は人気なのもわかるなって思える素敵なストーリーでした。
    書きおろしてある番外編が8年後でしっかり大人になっているので、
    そこら辺はベリーズ向けの配慮かな…と思ってみたり。
    若いな…とは思いましたが、その若さが年相応な感じがちゃんとして、
    大学生なのに変に大人びてたりしないし、精神的にも体力的にも若くて、
    番外編の大人になって落ち着いたところと変わらないところが
    二人のよさとしてはっきり見えてよかったかな、と。
    (イケメンはやっぱり成長してもイケメンになるんだな…的なw)

  • 再読。合コンで、"不感症なんじゃないか"と悩む萌香の話題に乗じて、「運命」を感じた萌香を。お持ち帰りし卓巳。そのまま体を重ねるも、萌香も、「肝心なことは目に見えない。心で見るもんなんだ」が口癖の卓巳も、お互いに肝心な言葉を伝えないまま、ただ、ズルズルと体の関係だけ続くうちに、誤解も生じて…。両片思いぶりが初々しいです(笑) 自分も『好き』だと伝えてないとはいえ、卓巳どの関係に悩む萌香と、既に萌香は"彼女"だと、かなり浮かれポンチ気味な卓巳が対照的で面白い。萌香のウルウル目に理性が吹っ飛ぶ卓巳が可愛い(笑)

全2件中 1 - 2件を表示

不機嫌でかつスイートなカラダ【ベリーズ文庫版】の作品紹介

大学生の萌香はエッチが苦手。合コンでその悩みを告白したら、隣に座っていた卓巳が「オレ、気持ちよくさせる自信あるよ?」と大胆発言!そのままお持ち帰りされてしまう。彼との時間は甘くて優しくて、とびきり幸せだったけれど、カラダから始まった関係に萌香は自信が持てなくて…。大ヒット同名小説を大幅改稿、さらに新たに100ページ以上を加筆し、ベリーズ文庫として登場!

不機嫌でかつスイートなカラダ【ベリーズ文庫版】はこんな本です

ツイートする