経済思想

  • 27人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (3)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 松原隆一郎
  • 新世社 (2001年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (367ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883840311

経済思想の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2013.8.26 一読目
    ざっと読んだ。新古典派を基礎におく既存の経済学の限界を、隣接する他の社会科学に関する幅広い知識をもとに指摘していく、相関社会科学の専門家らしい本。
    ゲーム理論が経済学において果たした功績について触れられていない(興味があった)のが残念。
    進路選択の判断材料にしたい。

  • 2010/4/4

    学校が始まるので復習。
    スミスからの一連の思想の流れが分かる。
    一回読んだだけじゃすぐ忘れるけど、今後の勉強のベースになるすごい良い参考書だと思う。

  • 睡眠導入薬

全3件中 1 - 3件を表示

松原隆一郎の作品

経済思想はこんな本です

経済思想の作品紹介

ヒューム、ケネー、スミス、リカード、マルサス、マルクス、マーシャル、シュンペーター、ワルラス、ケインズ、ハイエク、ヴェブレンといった経済思想の巨人たちを、それぞれの時代における市場社会を背景に描出し、彼らの思想の今日的意義を考察。さらに現代経済への問題意識から、方法論、制度、貨幣、消費、企業、市場と公正、グローバライゼーションなどをテーマ毎に論じ、経済分析のあり方を問い直す。諸理論を相対化しつつ、現代経済学の定説では見落とされた重要なファクターを指摘、社会諸科学との総合を図る。経済思想に新局面を切り拓く斬新な試み。

ツイートする