セクシュアリティ・スタディーズ

  • 19人登録
  • 3.60評価
    • (0)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 宮淑子
  • 新水社 (2010年10月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883851300

セクシュアリティ・スタディーズの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 三葛館 一般 367.9||MI

    皆さんは"セクシャリティ"という言葉を知っていますか?
    最近"レズビアン"や"ゲイ""女装家"という言葉をよく目にします。
    社会が多様化する中であなたはあなた自身のことをどう考えているでしょうか?
    もしかしたら「私は普通だ」という漠然とした思いをもっているかもしれません。では、この"普通"ってなんなんでしょうか…。
    "セクシャリティ"という言葉は、ただ性的指向をだけを表す言葉ではありません。

    「あなたがあなたであること
     そしてそれが当たり前だと感じること」

    がどういうことか…。
    セクシャリティを学ぶことは、これを知ることに近づくと私は感じます。
    その学びの一つとして、この一冊をオススメします。

    (保健看護学部 3年 Y.H)

    和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=58967

  • 『マイノリティの問題の大切さは、マイノリティを生きる人々を「理解する」というレベルでは駄目で、誰もが抱えている自分の中のマイノリティに気づくことである。』
    この言葉に納得する。さらに色々な自分自身に気づき、人とより深いレベルで関わっていきたい。

  • 夫とのセックスにはうんざり。ただ若い男とのセックスには意欲あり。
    日本の男性、恋愛中はジェントルマン、結婚後はステテコ。
    の 自分の感覚にしたがう。雰囲気に合わせない。
    クラミジアはエイズの感染率を3〜5倍上げる
    セックスワーカー、労働契約。契約に反した行為は違法。一般女性と買春女性を分け、買春女性は一般女性に比べ性的自由がないと判事した。

全3件中 1 - 3件を表示

セクシュアリティ・スタディーズの作品紹介

とても身近なことなのに、あまり語られないセクシュアリティ。性と身体に、もう一度向き合う。

セクシュアリティ・スタディーズはこんな本です

ツイートする