箱の中 (Holly NOVELS)

  • 950人登録
  • 4.26評価
    • (276)
    • (108)
    • (136)
    • (1)
    • (1)
  • 112レビュー
著者 : 木原音瀬
制作 : 草間 さかえ 
  • 蒼竜社 (2006年3月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883862924

箱の中 (Holly NOVELS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • やりきれん。

  • 2015年読了

  • 最初は喜多川の事が理解できなかったけど、生い立ちを知ることによって、親の愛情に恵まれなかった彼を理解しようとする自分が居ました。 というか、親という立場の視線で喜多川の母親が理解出来ませんでした。 堂野と知り合って、喜多川が幼少時代からやり直している様で、少しは人間臭くなってきたことが嬉しかったです。 のんびり読もうと思いましたが一気に一日で読破してしまいました(笑)

  • イラスト:草間さかえ
    装丁:SIMPLE MINDS

    木原音瀬さんの小説、はじめて読みました。こ、こんなにグサッとささるものとは思っていなくて、読み終わったあと、ぼーっとしてしまいました。
    冤罪で刑務所に入れられた堂野が出会ったのは、これまでまともに人として生きてこなかった、扱われてこなかった男・喜多川圭。愛し方も、愛され方も知らない動物のような男から好意を抱かれるようになる。堂野自身にとっても、自分をここまで欲する人はきっと人生で喜多川以上の人は現れようもないけれど、だからといって同性で、殺人犯で、人として色々やばい男の人生を背負いきれる義理もなく。
    人語をなんとかしゃべれる大型動物と人の恋があれば、こんな感じなのかなぁと思ったり。
    「箱の中」本編だけだったら、かなり辛かったと思う。とにかくどう転ぶにせよ「脆弱な詐欺師」があって良かった…
    「檻の外」も読むのが楽しみです。

  • とてもいい。

  • 読み始めたらあっという間でした。痴漢の冤罪で実刑判決になった堂野。虐待されて放棄されてきた喜多川。刑務所で出会った二人、精神的に未熟なある意味真っ直ぐな喜多川と普通な人堂野。堂野の死にたいという気持ちに苦しくなり、喜多川の真っ直ぐさに苦しくなった(*T∇T*)芝さんかっこよすぎますね。

  • 木原的痛さが苦手な私に「それほどでもないよ」と友人が貸してくれたのであろう一冊w 
    最初読んでてやっぱり痛いじゃん!って思ったんだけど・・・読んでくウチにすっかり虜。
    無垢というか無だった喜多川が「喜多川圭」になった瞬間思わず胸がギュってなった。

  • 読めば解る。

  • 切な過ぎる。
    そして泣ける。
    大好き。

  • 大・大・大・大好きな木原音瀬さん!!
    ノベルズの方『箱の中』『檻の外』と全サの小冊子を持ってるけど
    祝・文庫本って事で買った本ヾ(≧▽≦)ノ 

    この本は『箱の中』『脆弱な詐欺師』『檻の外』の3編収録



    満員電車の中、痴漢の冤罪で捕まった堂野崇文(30)
    自分は無実、何もやってない!!と訴え裁判まで起こしたが敗訴
    刑務所に収監される。

    幼少の頃、母親の虐待に合い
    親の愛情や世間の常識を知らない喜多川圭(28)

    この2人が刑務所で同じ班になりそこから始まる物語


    三浦しをんさんがあとがきに書いてるけどその通りの本。
    一番好きなBL作家さんだけどただのBL作家とは全然違う。
    これからも読み続ける作家さん。
    本の内容、重みがねッ…痛いよ痛い☆⌒Σ(≧д≦)
    それに愛が重たい!!
    異様に執着され行き着いたところは!?

全112件中 1 - 10件を表示

木原音瀬の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
木原 音瀬
有効な右矢印 無効な右矢印

箱の中 (Holly NOVELS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

箱の中 (Holly NOVELS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

箱の中 (Holly NOVELS)のKindle版

ツイートする