恋について (Holly NOVELS)

  • 393人登録
  • 3.59評価
    • (45)
    • (50)
    • (100)
    • (11)
    • (3)
  • 33レビュー
著者 : 木原音瀬
制作 : 大竹 とも 
  • 蒼竜社 (2006年7月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883863006

恋について (Holly NOVELS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • コミックス版を先に読みました。同じ作品でもコミック版と原作本では少し違います。ですが、感動は同じものでした。
    綺麗な男性同士のファンタジーなBLも良いのですが、リアルに近づく木原先生の作品はどれも読んで胸が苦しくなります。
    素敵な作品です。

  • うーん、判断が難しい。
    ノンケ同士。社会人。
    攻が、受に好かれている自信がなくなり予防線を張ろうとしたり、恋愛が順調に行かない受がつい口汚い言葉を口にしてしまうなど、互いのエゴのリアルさゆえに引いてしまう場面があって、素直に『良かったなー!』と喜べないところがあります。でも話に説得力があるのは、さすがだなと思う。

  • えっ?これ木原さん?ほんとに?と思うぐらい普通のBLでした!
    ブライダルコーディネーターの受けとその初めての顧客の攻めの話。
    どっちもノンケだと思うけど、何だか恋に落ちます。
    やっぱりここは木原さんで、受けはBLによくある感じだけど、
    攻めは受け入れるのかそうでないのかよくわからんうじうじした攻めでしたw
    「美しいこと」の寛末をちょっぴり思い出しました…。

    恋愛面は普通で、エロもあまりなかったのですが、
    ゲイのカップルの結婚式をプロデュースする話が
    結構興味深くて、そこをじっくり読みたかったですね。
    仕事のできない後輩のお話は、フィクションではよくある
    気合いで向き不向きも克服する系かと思ったら違った!
    そこはリアルだなって思いました。

    普通に面白かったけど、印象は薄い一冊かなと思いました。

  • ちゃんと一生懸命恋愛しているお話だったような気がします。
    優しい2人のお話でした。

  • 木原さん作品にしては珍しく恋愛作品読んでる…!って気分になった。
    木原さんの作品にはこういう優柔不断で苛々する攻めが多くていつも読みながらキレそうになるけど、今回のはヘタレながらも愛しくなるような部分が少なからずあって良かった。

  • 設定が納得いかないものがあった。結婚した理由など。

  • ergo掲載加筆修正。

  • ブライダルコーディネーターの朝霞武史は、初めてプロデュースしたお客様・笹川様に一年ぶりに再会した。
    笹川夫妻は、朝霞が結婚式当日に起こしたドジを、笑って許してくれたとても優しいお二人だった。
    朝霞は嬉しさと感謝の気持ちを込めて、笹川夫妻の結婚記念日に、お祝いの花束を贈るのだが…。
    真面目でヘタレな笹川と、元気で明るい朝霞の、ほのぼのラブをどうぞ。

  • 攻は何の取り柄もない、地味でいけてなくて、優柔不断な公務員。
    何の変哲もない地味設定なのに、最後まで一気読みしてしまう吸引力。
    とにかくね、すれ違うすれ違う。
    もう何をどうやってどの辺のボタンを掛け違えたらこうなるのかって
    勢いで、見事なすれ違いっぷりです。
    そのすれ違いがまた切なくて、この冴えない攻を見てると、イライラしっぱなしなんですが、静かに淡々と微糖風味で進んでいくので、安心して読めます。

    仕事ネタもたくさんで、読んでて本当に面白かったです。
    仕事に一生懸命になってるBLが好きな方にはオススメです。

  • 笹川がへたれ攻めってレベルじゃなくへたれで笑った。うじうじ系が苦手な人は読んでいて凄く辛い作品かもしれない。

全33件中 1 - 10件を表示

木原音瀬の作品

恋について (Holly NOVELS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

恋について (Holly NOVELS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする