吸血鬼と愉快な仲間たち (Holly NOVELS)

  • 514人登録
  • 4.12評価
    • (114)
    • (74)
    • (76)
    • (3)
    • (0)
  • 72レビュー
著者 : 木原音瀬
制作 : 下村 富美 
  • 蒼竜社 (2006年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883863105

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
木原 音瀬
有効な右矢印 無効な右矢印

吸血鬼と愉快な仲間たち (Holly NOVELS)の感想・レビュー・書評

  • 本棚整理中に発見の再読。このシリーズ凄く好きなんですが続きが出ないですよねぇ… 昼は蝙蝠、夜は人間で牙もない中途半端な吸血鬼・アルとエンバーマー・暁、その友人で刑事・忽滑谷。加工肉と一緒に冷凍蝙蝠として日本にやってきてしまったアル。アルが片言の日本語を一生懸命喋ってる姿や、蝙蝠の時が凄く可愛くてw 事件の部分はグロく痛そうでたまらないけど… やっぱりこのシリーズは面白い。この作品でエンバーマーって初めて知ったんだよなぁ。

  • うん。面白い!
    まだ木原さんの作品は初心者なのですが、何冊かよんでみて「シリアスだな~」という感想が多く、いまいち萌えず・・・でも、やっぱり評判通りこのシリーズはおもしろいです。
    アルが可愛い♥日本語カタコトだけでなく、少々弱いオツムが原因ですね。
    こういうライトな作品の方が好みだな~。
    今後はコメディ路線の本に手をだしてみよう。

  • アル、こんなへたれな吸血鬼、設定にビックリ。

  • 木原さんのご本は40冊くらい読みましたが、一番楽しかった気がします!
    読んだ後落ち込まない・悩まない素敵な作品です!

    BL要素はあまりありませんが、かえって萌え萌えできました。
    胸きゅんなひな鳥の初恋いみたいに淡くて、今後が気になるー!
    絵がずば抜けてお美しいので、脳内でキャラが美しく動くので得した気分です。

  • シリーズ第1弾。
    読みたいと思いながら、なかなか読む機会がなかった作品。
    読み終えた第一声は「これ…BLだよね?」
    普通に小説として面白いです。
    吸血鬼のアルがキュート。蝙蝠なのにワンコ(しかも、ヘタレw)
    カタコトの日本語が平仮名ってのもツボです。
    微笑み刑事の忽滑谷、実はドS?
    ツンデレエンバーマーの暁、実はドM?
    あとがきによると、この先にBL展開があるらしいので、
    ワクワクします((o(^-^)o))

  • これはBL?とりあえずBL的要素は皆無だったけど話が面白いから思わずBL忘れて一気読み。

  • 木原さんあるある。

    必要最低限の食料としての食品描写しか登場しない。
    美味しそうに食事をする描写が非常に少ない。
    空腹を満たす目的のみでの食関係描写が非常に多い。
    なので、色んな意味で飢餓感がいや増す仕掛けになっている。

  • これはBLなのだろうか?
    ラブのかけらもないのだけれど、萌えるという意味ではBL。
    しかも萌える対象が蝙蝠、人間ですらない。
    BLの奥深さを見た。

    ストーリーもキャラクターも面白くて引き込まれます。
    何となくタイトルで敬遠していたのがもったいない。もっと早く読めば良かった。

  • とっても面白いです。笑えます。
    ハートフルグロコメディ
    津野ーーーーー!笑

  • 「ROSE GARDEN」とどっちを先に読むか悩んでとりあえずこっち。初ファンタジー木原! 面白かった! 結構な続き物でちょっと読むの渋ってたんですが、いざページを開いてみたらあれよあれよと言う間に読み終わってしまう面白さです。BL的シーンはまだ無いけど、寧ろ無理矢理入れてないのが良い感じ。まだ一体誰が攻めで誰が受けなのかもよくわからないw
    あ、吸血鬼というタイトルな割に舞台自体は日本で、登場人物もほとんど日本人なので、その辺りに身構えている人にも気軽に進められそうな作品でした。

  • アホで可愛い冷凍蝙蝠で日本にやってきた、米国産のアルと、
    人間嫌いな無口で無愛想、おまけに口は悪いけど情深いエンバーマー
    の暁を中心に、暁の数少ない友人で刑事の忽滑谷、葬祭センターの
    同僚や部下たちの、どたばたコメディ……いや、サスペンス?
    いやいや、ちょっとホラースプラッタまじりのシニカルもの…
    でもないな。そう思わせたシリアスストーリー……………。
    兎に角、ふざけたタイトルに尻込みせずに読んで欲しいです。

    BL未満な匂いの展開がひたすら続きますが、気になりません。
    蝙蝠姿のアルが可愛くって可愛くって、にやにやします。
    昼間は『ギャッ、ギャッ』としか鳴けないのに、心理描写が
    巧みです。

    いやぁ…これは本当に良い話。
    可笑しくてぷっと吹き出して他のに、次の瞬間にはせつなくなって、
    胸がきゅうきゅうして、気がつけばアルの心情を思ってホロリと
    涙してしまったり。
    緩急が絶妙で、一気読みは間違いない。

  • アルが可愛すぎるっ!設定こそ突拍子もないけれど、木原さんでもこういうほのぼの系?な小説書かれるんだなぁ〜と改めて感嘆。エロは全くないのに二人のやりとりにニヤニヤが止まりません!十分萌えます。

  • かたことで喋るアルがかわいい!吸血鬼になってひもじい生活をしていたからかすごく謙虚な外国人w 暁の一挙一動に喜んだり悲しくなったり…アルの魅力にやられました
    木原さんにしてはすごく癒し系な作品。

  • 強力におススメされて、一度は手放したものの再び購入しました

    題名の通り、吸血鬼もの…

    この1巻、BL要素が全くと言っていいほど無い
    その上結構痛々しい場面がある

    普通に、普通におもしろかったです

  • 5巻を読んだので1巻から再読開始。読メ登録前に読んだ本なのですごく久しぶりの再読。何度読んでも面白い!5巻で暁の過去を知った上での再読は、暁の頑なさがよく理解できて物語の味わいが一層深くなりました。そんな暁に惹かれ始め、ピュアな気持ちで慕うアルが健気で切ない。ぐろい描写もあるけれど、笑える場面や、胸が打たれるシーンもあり物語に引き込まれます。蝙蝠アルも可愛いし!そしてなんと、1巻で暁は蝙蝠人間が「いける」と言ってますね!マジで見たらどんな反応するのかワクワク!

  • 私にしては、びっくりのBL小説レーベルの作品です。・・・が、絡みや、愛だの恋だの要素は無いので、ラノベという感じです。この作家さんはダ・ヴィンチで昨年紹介されていたのがきっかけで読んでみたのですが今までこの手のジャンルを侮ってた!と衝撃を受けた作家さんです。

    中途半端な吸血により、中途半端に吸血鬼になってしまったアル。彼は牙も無ければ自由に蝙蝠にもなれず、人を吸血する経験も無い。毎日、牛の血をすする為に訪れる精肉工場で、ひょんな事故により
    冷凍肉とともに異国の地・日本へ輸送されてしまう…
    …とあらすじを書いただけでも悲惨で(笑えr…)吸血鬼が主人公。吸血鬼からイメージされるエレガントさの欠片も無い、ダメっぷり。だけどとても純真。たどたどしくも覚えたての日本語を喋る姿も、自分を助けてくれた恩人の血を拒む頑なさも無邪気で健気で可愛いです。

    片や、エンバーミングを生業とする彼の恩人はぶっきらぼうでドがつくSですが、こっそり見せる優しさは微笑ましいです。

    ドタバタと事件は解決していきますがまとまりは良く、ささやかな描写が微笑ましく、出版元が出版元だけにこれが今後恋だの愛だのになっていくのー?(笑)と想像できないんですが…。このテンポでまったり進んでいって欲しいところ。

  • おもしろかったです。

    いつも痛々しい木原作品なのに、あらすじがマヌケっぽい。愉快な仲間たちという位だから、愉快なんだろうとは思っていたけれど、いや、ほんと楽しい物語でした。

    アルは日本語がうまくしゃべれないので、片言なんだけれど、それがアホっぽいですね。でも愛すべきアホって感じで好印象です。最初に裸でうろうろしている時点で、彼のアホキャラは確定していたと思います。

    コメディとか明るい話が私は好きなので、読後感も良かったです。(……内臓とか血管云々のところは気持ち悪かったけれど、速攻忘れることにします……)

  • amazonにオススメされまくって買った一品w

    なるほどオススメされまくる意味がわかった。
    めっちゃ面白かったです。
    動物虐待シーンはヒィってなりましたが
    アルが微笑ましい。カタコト萌え。
    二人がラブモードになるのが想像つきませんが
    楽しみにしています。
    ところで攻めはどっちなんだろう・・・?w

  • 面白かったしアル可愛かったし暁は不器用でもいい奴だし…キャラが楽しかった。恋愛方面からきし遠かったのに面白かったw 吸血鬼ファンタジーすら人間臭いとこが好きだ!すごく新しい吸血鬼像がw 経済観念で左右されるBLストーリーw ちょっと痛いシーンあったけど、作家さんの持ち味なんだろうな、バランスとして個人的には良かったと思う…。

  • けなげでちょっとおバカなアルが可愛い。超可愛い。特に蝙蝠のとき(笑)。

    ラブはこれからということだけれど、このままほのぼの路線でもいいと思ったくらい。
    どっちがどっち、というのはまだわからないけど、個人的にはアル受けがいいなー。
    でも多分、BLのパターン的にというか、かすかに立ってるフラグ的にというか、私の希望とは反対なんだろうなという気はしている(笑)。

    忽滑谷さんや津野さんといった脇キャラも気になる。忽滑谷さんは、なんであんなに暁と仲がいいの?
    そうそう、エンバーマーという馴染みのない職業も興味深かった。

    しかしアルが(肉体的にも精神的にも)ひどい目に遭いすぎである;
    いくら死なないからといっても…読んでてそこだけは辛くなってくる。

  • 協力その2。
    吸血鬼がエンバーミングって合理的?な設定だなぁと思う。
    片言で話すアルがかわいい。

  • BLのLが完全に存在していない、なのに素敵なBL作品でした。
    話題の作家さんなだけあって文章もしっかりしていて、吸血鬼の設定と展開にも無理矢理な感じがなくて、とても楽しめました。
    殺人事件関係の話題が痛々しくて星4つにしてしまったが、2巻でもこんなふうにドタバタしながら話しが進んでいくそうなので期待してしまう。
    まあBLっぽさを期待していたわけではなく、むしろニアホモ具合を期待していた私にとって、非常に萌えに溢れていました。ニアホモ好きな方はぜひ!

  • 絵師買い。なので絵は良いとして。
    吸血鬼好きとしては、肝心の吸血鬼に色気と凄みが足りないと思う。へたれ吸血鬼はそれはそれで好きなんですが、吸血するときには色気がほしいなぁと。
    おかげで肝心な吸血鬼と彼の飼い主(とあえて言おう)より、飼い主の友人の忽滑谷が気になってしょうがない。
    彼は、今後飼い主の友人という以上になんか重要なキャラになったりするんだろうか。当て馬だけは嫌です。

  • タイトルどおり、吸血鬼物。
    果たしてどっちが受けなんだろうか…。
    コメディ色が強くエロは…朝チュン?
    続きが気になります。
    4巻以下続刊【エロ度:☆☆☆】

  • 本文然り、イラスト然り、
    あの帯さえなければこれBL…なの?という感じなのだけど。
    だからこそ2巻目以降が楽しみ。
    ツンデレ暁がどのように陥落していくのかしら。
    コウモリのアルの描写がとてもかわいいです。

全72件中 1 - 25件を表示

吸血鬼と愉快な仲間たち (Holly NOVELS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

吸血鬼と愉快な仲間たち (Holly NOVELS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

吸血鬼と愉快な仲間たち (Holly NOVELS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

吸血鬼と愉快な仲間たち (Holly NOVELS)のKindle版

ツイートする