吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS)

  • 362人登録
  • 4.19評価
    • (80)
    • (56)
    • (46)
    • (0)
    • (0)
  • 28レビュー
著者 : 木原音瀬
制作 : 下村 富美 
  • 蒼竜社 (2007年10月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883863280

吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • このシリーズ好きだ。読むと幸せになる。

  • 再読、シリーズ第2弾。暁に想いを寄せる新人エンバーマーや暁の高校の同級生だったプロデューサーなど新しい登場人物も増え、アルがモデルの仕事や吸血鬼ドラマに出演する事になったりと盛り沢山な内容です。BのLで言えばやっとアルの気持ちが育ったかなという感じ、帯にある通り「BL極北、最果ての地」ですねw 泣き虫で甘ったれなアルが可愛いくて、でも日本語が余り上手じゃないからこそ凄く真っ直ぐに言葉が核心を突くんですよね。暁は言葉も態度も乱暴で無愛想なんだけど優しくて… 愛すべきキャラたちです♡

  • アルが暁の恋人に立候補する。
    ここまでやっと進んだか。

  • アルが暁に自分事が嫌いじゃないなら言葉で表現してくれなきゃ分からないって迫る下りで
    「すき にして すきっていって」
    の台詞が読んだ直後からツボってしょうがないんだが(笑)。なんか、よつばが言いそうな台詞だな、って思っちゃって(笑)

  • あぁもう何だろうこれ…というような焦らしプレイですよ。
    アルと暁の関係は遅々として進みません。相変わらず恋愛色ゼロです。
    それでも二人の気持ちがゆっくり動いていくのが、こそばゆくていいです。
    もどかしい感じが堪りません。
    何よりも、アルが可愛いんですが、それ以上にツンデレな暁がたまらなく
    悶えるほど可愛いです。可愛い容姿じゃないですが、言動がいちいち
    可愛いです。ぶっきらぼうで、素直じゃなくて、始終不機嫌とかもう何こいつ。
    か わ い い ん で す け ど !
    今回はせつなくて涙するシーンも多かったですが、
    腹抱えて笑っちゃうシーンも多く、読後はどっと疲労感が…。

    アル『あたま、われた なかみ…でそう』
    暁 『しっかり押さえとけ』

    このやりとりに、シリアスなシーンのはずが一気に吹き出す。
    しっかり押さえとけって、ちょっ、暁待って!!

  • 二人の仲が少し近づいた感じでしょうか…あいかわらずラブ要素は少ないですが。へたれなアルとツンデレ暁、二人とも可愛すぎます。
    次回が楽しみです。

  • 1巻に引き続き、ラブな要素は…少ないですね

    今回もアルが痛い目に合ってます
    軽~く書いてありますが、そうとうなもんじゃないでしょうか?

    というわけですが、やはり一気読みしてしまいました
    おもしろかったです、とても

  • 読メでは初登録だけど実は再読。5巻を読んでこれを再読しているので、暁の「恋人も恋愛も必要ない」という言葉や、忽滑谷の暁評「優しくされることに抵抗があるのかもしれない」などが胸にずっしりと来ました。そんな暁の中にある優しさをいくつも見つけて、暁に惹かれていくアルがとても純粋で可愛い。「ずっと暁の傍にいたい」と願うアルの気持ちが、「ぼくはどれだけいきるかな」という言葉に繋がっていくのが切ないです。吸血鬼と人間の生きる時間の差というのは重いですよね。。。

  • 相変わらずヘタレ吸血鬼のアルの無垢さは可愛い。
    しかし、ここまで読み進めてきてやっと気付いたけれど彼の真っ直ぐな行動や直球の愛情表現は
    作中では「外人だから…」の一言で済まされているけど、それでも実年齢は三十路を越えている
    (肉体的には吸血鬼になった20前半でストップしてますが)人間の行動では無いかと…天然ですね(笑)
    それとも人外の者になってしまった影響なんでしょうか。

    今回も後半血なまぐさい事件が絡んできますが、どうも事件そのものの勃発が遅いので
    物語の核として捉えるとアッサリ終わってしまって物足りない感じがします。
    ただ、事件よりも事件を経てのアルの心情変化が重きにおくとしたらなかなか纏まっている感じ。

    終盤、これまでペットとご主人のような(失礼)温かみのある暁とアルを
    いきなり終盤から恋人云々の話に持っていかれると、お姉さんは置いてけぼりを感じてしまうんですが…(汗)
    まー、ぼーいずらぶなんですけどね。
    そこら辺は了承しなきゃいけない所なのでしょうか…
    続きが出るのが楽しみなような怖いような複雑な気分(笑)

  • エロもほぼないのにここまで読ませるすごい。些細なトラブルの中にも人間愛みたいなのが伝わってくる。暁とアルの孤独が微妙にシンクロする。片言のアルが必死で可愛い。

全28件中 1 - 10件を表示

木原音瀬の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
木原 音瀬
木原 音瀬
有効な右矢印 無効な右矢印

吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS)の作品紹介

日本に来て半年が過ぎ、アルもやっと周囲の人々や生活に慣れてきた。春からは施設に新しいエンバーマー、室井が加わり暁の職場も賑やかだ。が、暁は明るく陽気で率直な室井と反りが合わない様子…。そんなある日、アルにモデル&ドラマ出演の依頼が。人間だった頃からスターに憧れていたアルは大喜び。しかし暁は大激怒。簡単にはお許しが出そうになくて…!?吸血鬼シリーズ第2弾。

吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS)のKindle版

ツイートする