美しいこと(上) (Holly NOVELS)

  • 1174人登録
  • 4.32評価
    • (331)
    • (156)
    • (108)
    • (10)
    • (3)
  • 132レビュー
著者 : 木原音瀬
制作 : 日高 ショーコ 
  • 蒼竜社 (2007年11月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883863365

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
木原 音瀬
中村 明日美子
木原 音瀬
有効な右矢印 無効な右矢印

美しいこと(上) (Holly NOVELS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 女装と聞くとあまりいい作品と出会ってはなかった気がするのですが、今回はよい作品でした。
    面白くて手が止まりませんし、続きを早く読みたい!

  • 上下巻。女装癖のある松岡(受)とドラマチックな出会いをし、本当の女性と思い込み恋に落ちる寛末(攻)。
    松岡が真実を告白してからの寛末の手のひら返しがも~辛い‼
    でも読んじゃう‼
    性別が変わっても変わらず愛す事ができるか?という愛についての二人の形のお話でした。
    優しく卑屈で鈍感な人ってタチ悪い!

  • 夢中になって下巻まで一気に読み終えました。というか,読んでてあまりに心が痛くて,一気に読まずにはいられませんでした。
    タイトルは『美しいこと』とあるけれど,この小説で描かれるのは醜く不器用な人間のこころの揺れ動き。ひどく泥臭くて浅ましくて利己的で,美しさとは程遠い。作中で寛末は,女装姿の松岡が演じる「美しく聡明で茶目っ気のある,架空の女性」に惚れ込むわけだけど,そんな美しいものは本来どこにも存在しなかったわけです。
    「見た目じゃなくて中身が好きなんだ」と口で言うのは簡単ですけど,人間そんなに割り切れない。「やっぱり生理的に無理だった」と男の松岡を徹底的拒絶する寛末の姿は,すごくクズいけど,理解できるから尚更救われない。寛末も松岡も読者も。
    そのどこまでも生々しい恋模様がたまらなく苦しく,いとおしく,面白いのです。

  • 再読。講談社から文庫化されたので読みたくなりました。初めて読んだ時はもう寛末がダメでダメで、松岡の視点で話しが進むから余計に酷すぎる!! と思ってたなぁ… 勿論何度読んでも寛末の態度は酷いと思う部分は多々あるけど、でもリアルではあるんですよね…。リアルに感じるからこそ松岡を想うと痛くて切なくて、何度でも泣いてしまいます。だって松岡頑張ってるんだもの…

  • 二人の所属する会社の社名などは登場せず「恋愛する」ことに比重を置いていて、二人の関係をひたすら描写している作品です。
    ひたすら引っ張って引っ張って・・・まだまだ二人のもだもだは続きます。
    個人的にはストーリーの甘さ辛さのバランスが良い作品だと感じていますが、関係性重視で総合的にも実質いちゃいちゃしてるのはこの巻ではなく下巻のしかもかなり後半だけで、最初からラブラブしてるBLがお好みの方は物足りないかもしれません。

  • 女装という飛び道具を使って、中身は同じなのに性別が違った人を変わらず愛することができるのか。なんていう「愛って何?」という厨二的なことを追求するために、一冊丸々使っての下巻への布石。なので、テーマを追求するために、多少ムリめ展開とかツッコミ所はご愛嬌というところでしょうか。いやー、それにしても寛末の手のひら返しはいっそ清々しいねw (初読の時点では、確か初木原さんだったような記憶)

  • ドラマCDを先に聴いた事があったので
    話の筋は分かっていたのですが、
    それでもものすごく面白かったです。
    松岡の気持ちが分かりすぎたなぁ・・・。
    松岡視点から見る寛末って本当に
    いい人で可愛らしい。
    喜ぶんならずっと美人の恋人でいてあげたい。
    でも無理だもんね・・・。
    どんな姿でも好きだと言わせてから
    男だってばらして破局したけど、
    実際は寛末って子供でもおばあちゃんでもいいとか
    言いながら、実際にそうなったら絶対に愛せない人なんだろうな・・・。あ~ずるい。
    松岡って本当に気のよく回るマメ男で、
    モテるのは納得だなぁ・・・と思いました。
    こんなに何もかも恵まれてるのに、
    恋だけは不憫ですね。

  • 松岡のいじらしさは、ここまでするか、と泣けてくる。
    一方、寛末の鈍感・無神経なのには、松岡こんなやつやめといたほうがいいよ、と言いたくなった。

  • ただただひたすら片思い

  • ドラマCDを先に聴いていましたが、『愛しいこと』しか知らなかったので、なかなか新鮮でした。

    めちゃくちゃ面白かった!!
    BL小説を読むのは初めてだったのですが、すんなりと世界や設定に入っていけて、同性同士でもこんなに違和感がないものか……と笑
    もうとにかくすれ違い?っていうんでしょうか。もどかしさが半端ない!
    (ここはひろすえさんの物分りの悪さがいい味出してますね笑)
    そして松岡が『葉子さん』の時のドキドキハラハラ感といったら何とも言えません。
    バラした後もつらいね……。なんだかせつないです。
    うん、早く幸せになってほしい。

    上質な小説に出会えて嬉しいです。
    下巻も読むぞーヽ(・∀・)ノ

全132件中 1 - 10件を表示

美しいこと(上) (Holly NOVELS)に関連する談話室の質問

美しいこと(上) (Holly NOVELS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

美しいこと(上) (Holly NOVELS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

美しいこと(上) (Holly NOVELS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

美しいこと(上) (Holly NOVELS)の作品紹介

松岡洋介は週に一度、美しく女装して街に出かけ、男達の視線を集めて楽しんでいた。ある日、女の姿でナンパされ、散々な目に遭い途方に暮れていた松岡を優しく助けてくれた男がいた。同じ会社で働く、不器用、トロいと評判の冴えない男、寛末だった。女と誤解されたまま寛末と会ううちに、松岡は「好きだ」と告白される。松岡は、女としてもう会わないと決心するが…。

美しいこと(上) (Holly NOVELS)のKindle版

ツイートする