さようなら、と君は手を振った (Holly NOVELS)

  • 415人登録
  • 3.95評価
    • (61)
    • (62)
    • (51)
    • (10)
    • (0)
  • 30レビュー
著者 : 木原音瀬
制作 : 深井 結己 
  • 蒼竜社 (2008年6月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883863525

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
木原 音瀬
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

さようなら、と君は手を振った (Holly NOVELS)の感想・レビュー・書評

  • 話の行きがかり上で人が死ぬ。

    カンタンに仕事を辞める。

    木原先生の他の本にも言えるけど『周りを振り回したヤツが勝ち』という世界観。

    個人的には、この作品がこんなに支持されてる理由は分からない。惹きつけるものや独特の魅力はあると思う。

  • 高校時代に関係を持っていた従兄弟同士の話。

    前半は遊び人攻めが本当に勝手でしたね~。
    女を見る目が悪すぎたしw

    見た目をかまい過ぎてチャラチャラしてるのも
    あんまり好きではなかったです。
    身の丈に合ったお金の使い方なら別にかまわないんだけど、
    そうではなかったですからね。

    裏切られ続けてきた受けは
    諦めているので攻めに何も求めない。
    何も言わずに受け入れて、何も言わずに去って行ってしまう。

    本当に好きなのは誰かに気付いたけど
    時すでに遅し。というところで終わり。

    ここまではコミカライズで読んでました。


    後半は受けが離婚して攻めと同棲する話。
    攻めが受けを溺愛するところは楽しかったですが、
    全然信じられなくて、いつどんでん返しが起こるか怖かったですw

    そういう意味ではどんでん返しは起こらなかったけど、
    子供の前で見せつけながらのシーンはえ~!!!でしたねw
    攻めのみならず、父親である受けも、恋人>子供で、可哀想な子だったな。

    しかも懐いていた大人にレイプされて、
    恋人になったと思ったのに愛されていなくて…。

    いつこの子は幸せになれるんだよ~。

    でもこの方がリアルと言えばリアルなのかなぁとも思いました。
    ご都合主義ハッピーエンドは木原ワールドには存在しないのね。

    なんやかんやいっても面白かったです。
    浮気攻めが好きな人は好きなのじゃないかな。

  • 貴之編、最後気になる。

  • 久々の木原さん、やっぱ容赦無い。タラし誠一×色白美人啓介。啓介の別れた妻との子ども貴之(中坊)×啓介のことを好きな柊(30過ぎくらい?)。書き下ろしで柊と貴之が再会して…いやこれは無いわ。

  • **傍若無人な誠一と、見返りを求めずに尽くす啓介。自分が納得するまでワガママな誠一に振り回され続けた啓介の決めた道とは…**

    漫画版では非情な部分だけが描かれていて「もう二度と読みたくない」くらいに後味が悪かった。

    そしてこの小説版。
    啓介を都合よく利用する誠一はムカムカするほど気分が悪い。
    けれど漫画のその後を読んだら…!!
    やっとマイナスがプラスに変わりました。

    気持ちが救われた〜(T ^ T)!!
    本当によかったです!!

    あんな結末が待ってるだなんて思いもしなかった(;_;)

    スピンオフ作品は私的にはあんまりだったけど、メインカポーには満足できる一冊となりました☆
    痛くて甘い木原節。
    これは…セーフです、私的に(笑)

  • 受けが攻めを好きすぎて好きすぎて仕方ない!!!関係性好きな方にオススメです。
    はじめは受け君の片思いみたいな感じですが、攻め様が恋に気づいた後の猛アタックっぷりも可愛いいです。

  • 前半の攻の性格の悪さになんでこんなやつのために受はつくすのかね!?と憤りながら後半の攻のあたふた具合ににやにやしながら読んでましたw木原さんの容赦ない感じがたまりませんw

  • 野暮ったい相手を手放してから、キュンキュンきてても遅いんだよね。傷つけすぎ。
    受けってのは、寛容で包容力とあるいみあきらめ?みたいのがないと結ばれないのだねえ。

  • すばらしい 攻めざまあを ありがとう;;

  • ああまた痛い話! 大好きです。
    前半は誠一のあまりの傍若無人ぶりにくらくら、啓介のあまりの献身ぶりにはらはら、到底ハッピーエンドなんて想像がつきませんでしたが、後半の啓介サイドの話でまあ収まるように収まったかなという印象。嫌いな人は凄い嫌悪感が出そうな収まり方だったけど……その後の書き下ろしの子供が関わってくるあれこれも含め。二人の恋愛模様に巻き込まれて人生に多大な影響を喰らう子供の気持ちを考えたりし始めると萎えるかも、でもどうしても啓介に感情移入しちゃう書き方になってるので(特に後半は)視点がそっちに行かず普通に「また誠一を信じられるようになってよかったね!」って感じでした。
    ただ、永遠なんて無いんだよ、という空気が始終漂っているものだから、一見ハッピーエンドとはいえあまりすっきりしません。
    先の事を考えると幸せに暮らしましたとなるよりは、それこそ啓介が死んでしまう方がしっくり来るような。

    BLじゃなくてもいいからこういうテーマをしつこく追求した小説が読んでみたいものですが、見当たらない。

  • 今まで読んだ木原作品の中では、個人的には大人し目な印象。ただ、啓介も誠一も、作中ではお互いに持っている感情の
    高ぶった時に合致せずにいる、と言うところが実に木原さん作品だな、と思った。両想いがだとしても、好きの分量が必ずしも一致しない、そこがやっぱり盛らない木原さんの作風だな、と。
    そう言う具合に分量に差があったとしても、長く続いて行く関係性においてはリアルなんじゃなかろうか、と。お互いに炎の様に燃え上がったら、炎が落ち着いた時、互いが冷静になっちゃからなぁ。温度差があった方が長続きするのが物凄くリアルだな、と思った。

  • とうとう開けてしまった禁断の扉…。

    それはさておき、感想書くとすると、ヨカッタ、になる。

    誠一の啓介に対する当初の行動は、酷すぎるとしか言えない。利用するだけ利用して、ほとんど悪びれることないし、本人もイケメンらしいですが、見た目やうわべばかりを求める性格に「嫌なやつ」としか思えなかった。

    ただ、本当の想い(本人・相手)に気づいた後は、態度が優しく変化して、好感が持てた。ってか、別人?

    啓介は健気に相手を想っているばかりで、いまいち気持ちが見えなかったが、
    「飽きたら、殺して」というセリフに、ちょっと恐怖しつつも、これが彼の本心なんだな、と納得してしまった。

    文章も読みやすく、描写もわかりやすく美しい、と感じた。

    ただ、後半に出てくる息子・貴之の不幸っぷりは…。
    彼の人生、救いがなくて、なんだか暗い気持ちに。

    ちょっとした光が見えそう?ってとこで終わってるので、きっとこれから幸せになれるのでしょう、と思うことにした。単純なハッピーエンドの話よりも、私的には好み。

    物語上は、親子二代に渡る長い時間が流れるが、一気に読めた。

  • 時間の経過が、半端ない作品でした。
    出会いは高校生で、その10年後に再会、その~~年後、その~~年後……、と続いていきます。

    でも私、こういうのあんまり好きじゃないです。若いうちにめでたしめでたし、でいいと思っちゃう。(ドラゴンボール(GT)とかでも、年を取ったブルマとかにがっかりしたクチです)

    最後の方のお話は、啓介が50代になっていましたが……。
    現在、50代の人たちって20代のころは携帯とかなかったですよね。そう考えると、貴之たちの話は未来の話だな~と思って不思議でした。別にいいけど……。

  • 内容紹介
    従兄弟の氷見啓介が田舎から上京してきた。なし崩しに面倒を見ることになった誠一は、
    アパート探しを手伝いながらも、実は気まずい思いだった。十年前の夏、啓介に心酔した
    誠一は、「高校を卒業したら迎えにくる」と約束したまま、戻らなかったのだ。相変わらずの
    ダサいメガネ、髪形、服装にうんざりしつつも、誠一は再び欲望のままに啓介を抱くように
    なる。しかし啓介は優しく受けとめるだけで…。

  • まったく恋愛観の違う二人の物語。一応ハッピーエンドなんだけど綺麗に終わらないのが作者らしくて良いです。息子編も良かった。

  • 【あらすじ】
    従兄弟の啓介が田舎から上京してきた。誠一は後ろめたく感じていた。十年前の夏、啓介と恋に落ちた誠一は、高校を卒業したら迎えにくると約束した。それなのに反故にしたからだ。しかし再会した啓介は過去には触れず、優しい笑顔で誠一に微笑むだけだった。責められないことで安心した誠一は、優しく抱き締め甘えさせてくれる啓介のもとに頻繁に通うようになり…。

    【感想】
    そりゃないよ、誠一… な?

  • まじで面白い。
    ergoでコミックを拝見したのが初めてで、復刻版が出る?と聞き楽しみにしておりました。
    ただし、ergoでのコミックでのお話のラストは・・・・ハッピーエンドとは言えないものでした。
    「さよなら、と君は手を振った」に続いて、続編である「僕がどんなに君を好きか、君は知らない」で、後日談は明らかになっております。
    しかしながら・・・書き下ろしとして書かれている最後のもうひとつの話は・・・・・・・正直、いらなかった(笑)

  • 身勝手な誠一についても、血を分けた息子よりも誠一へより強い執心を向ける啓介についても、上手く表現出来ませんがこういう二人なのだと思えば、という感じ。
    誠一がいい男になったなぁと思いました。
    啓介の息子の話はあまりピンと来ず、というのが正直なところです。

  • 2009年4月14日

  • 主人公(かな?)の誠一がどーーーしても好きになれなかったので★3つ。
    お話は相変わらずとても良いのですが。

    見た目を気にしすぎる男がどうにもダメなのです。。。

  • ひっでえええwwww今まで読んだ木原作品のなかで、いちばん後味がわるかったです...ほんっとにどの登場人物もひどい。貴之がかわいそうでかわいそうで、でも最後まで救われなかったのがほんとにかなしいです。誠一もひどいし啓介もひどいし柊もひどい。こんなに攻と受うぜえええええと思ったのは初めてです。なんだか本当に救いようのない話でした。良い話だったのかどうかは、わたしにはわからない...

  • 切ない…泣けます…

    うまく言葉にできないや…

    とにかく木原作品は素晴らしい

  • 1話目が切なくて本当に好きです。が2話以降がちょっと辛い。

  • きたよきたよいたいのきたよ!!

  • 心底、帯があってよかったと思った。

全30件中 1 - 25件を表示

さようなら、と君は手を振った (Holly NOVELS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

さようなら、と君は手を振った (Holly NOVELS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

さようなら、と君は手を振った (Holly NOVELS)の作品紹介

従兄弟の啓介が田舎から上京してきた。誠一は後ろめたく感じていた。十年前の夏、啓介と恋に落ちた誠一は、高校を卒業したら迎えにくると約束した。それなのに反故にしたからだ。しかし再会した啓介は過去には触れず、優しい笑顔で誠一に微笑むだけだった。責められないことで安心した誠一は、優しく抱き締め甘えさせてくれる啓介のもとに頻繁に通うようになり…。

さようなら、と君は手を振った (Holly NOVELS)の単行本

さようなら、と君は手を振った (Holly NOVELS)のKindle版

ツイートする