恋について (プラザCOMIX Hollyセレクション)

  • 242人登録
  • 3.75評価
    • (28)
    • (36)
    • (38)
    • (6)
    • (2)
  • 28レビュー
著者 : 大竹とも
  • 蒼竜社 (2009年6月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (169ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883863693

恋について (プラザCOMIX Hollyセレクション)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 木原作品でも一番好きかもしれない作品。大竹とも先生の絵が良く合ってます。
    雑誌掲載時よりも加筆されて結婚式のページなどはとても美しくなってました。
    胸が苦しくなるBLをお探しの時はゼヒ!

  • プランナーとして初めて担当して結婚式。
    ミスを許してくれただけでなく世話になったと笑ってくれた新郎と1年ぶりに再会する。
    親しくなり、度々食事にいくようになるが、そこにあったのは想像していたような結婚生活ではなかった。

    さすが木原さん原作、て感じでした。
    淡々と物語が進むのだけど、そりゃあもう冒頭だけでめいっぱいこじれているので体力がとても必要になります。
    一気に読めません。
    コミック版先に読んだからこれ小説版読める気がしない……。
    ただ、ちゃんとハピエンに……なる……
    これ、ハピエンですよね?ですよね?

  • 格が違う~!!
    「萌え作品」とは一風違う、人間らしいやりとりがグイグイ胸に来ました!
    木原先生原作なので、着地点への不安感を持って読み進めたのも良いスパイスにw
    期待も失望も胸キュンもイライラも色んな感情を味わったな。
    途中、まだ頁にしては半分しか読んでいないというのに、長い期間の彼らを見たような濃密さを感じさせる高い描写力にも感服。
    人間関係・仕事の事などもあり、ただの恋愛モノに留まらない所も好みでした。
    この作品は人にオススメしたい。
    大人の恋が好きで情けない姿でも楽しめる人に♪

    買ってから3年積んでいました(笑)
    本棚でこんな良作が熟成されていたとは(笑)

  • 何の予備知識もなく読んだので、二人の気持ちが通じ合うまで丸々一冊掛かるとは知らず、途中、随分じれったく感じました。でも普通の寂しい男が二人、友情以上愛情未満の狭間で戸惑い、躊躇いながら、だんだん近づいていってるのが良かったです。二人とも臆病だけど、笹川は心が傷つく事に怯え、朝霞は気持ちは真っ直ぐなのに、フィジカルな事で一歩が踏み出せず、すれ違うなんて。最後の台風一過に救われました。お風呂シーンに萌え。しかし、何もしないうちから、朝霞が自分で自分を受だと決めてたのがおかしかった。

  • 地味で、しっとりした恋を描いた作品。
    ただ、絵描きを担当された方があまり好みではなかったので、どうしてもその世界に入りきれなかったのが残念です。
    小説だったらおそらく発狂したかと。

  • 木原音瀬の小説コミカライズ版。わりと王道BL(く、苦しい)です。ほんわかした絵柄が穏やかでなごみます。

  • 客×ブライダルコーディネーター

  • かまってほしいのは俺のほうかもしれない。

    ブライダルコーディネーターの朝霞武史は、初めて結婚式を担当したお客様、笹川吉郎と一年ぶりに再会した。
    朝霞のミスを笑って許してくれた、優しく、互いを慈しみ合っていた笹川夫婦は、朝霞にとって理想の夫婦だった。
    再会をきっかけに、笹川と居酒屋で顔を合わせるようになった朝霞は、黙って話を聞いてくれる穏やかな男と過ごす時間が好きになった。そんなある日、泥酔した笹川を送っていったマンションの部屋で朝霞が見たものは…。
    大人の恋の切ないラブストーリー。
    ergo 掲載原稿に大幅改稿+ラブラブ描き下ろし収録。
    ―――――――――――――――――――――――――
    女々しすぎる受がどうしても好きになれなくてこの評価になりmした…

  • 面白かった
    漫画しか読んでいませんが面白かったです。

  • このイラストの人が好きでした。

全28件中 1 - 10件を表示

大竹ともの作品

恋について (プラザCOMIX Hollyセレクション)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

恋について (プラザCOMIX Hollyセレクション)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

恋について (プラザCOMIX Hollyセレクション)のKindle版

ツイートする