リバーズエンド (Holly NOVELS)

  • 735人登録
  • 4.42評価
    • (120)
    • (81)
    • (20)
    • (3)
    • (0)
  • 52レビュー
著者 : 木原音瀬
制作 : 小椋 ムク 
  • 蒼竜社 (2012年9月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883864133

リバーズエンド (Holly NOVELS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • うっかり『god bless You』を先に読んでしまってちょっと失敗(笑)。

    時系列としては小説2編でマンガを挟む形になってた。
    読み手それぞれに好みはあるだろうけど、
    個人的には時系列通りに読んだ方がしっくりきた気がする。

    十亀さん目線で書かれてるから、というのもあるとは思うが
    はっきり言って十亀さんは活字で読んだ方がかっこいい。
    『キャッスルマンゴー』(特に1巻)を読んでたときに感じてた
    十亀さんの言動に関する座りの悪さ(多くを語らないが故の謎、とも言う)が
    鰐淵さんが言った「懐が深い」という言葉によって一気に瓦解した。
    万の「好きならもっと執着してください」という言葉もある意味真理だと思う。

    ここに収められた2編には
    そこかしこにはっとさせられる言葉が散りばめられている、と思う。
    それが後々ボディーブローみたいに効いてくる。
    そのボディーブローを堪能するために
    ちょっとしんどいときに再読するのもいいか、と思った。
    しかしこの書き方だとだいぶMっぽいな(笑)。

  • 十亀の過去とか絶対つらいに決まってると思って、なかなか読めずにいたんだけど、ついに読みました
    …辛かったwww
    前半の過去編は、本当にやりきれなくて、つらくてつらくて…
    それでも最後の最後はハッピーエンドだって分かってるからまだ辛くても救いはある

    後半、キャッスルマンゴーのその後…
    めーっちゃくちゃ面白かったです!!!撮影シーンはんっぱない!
    ずっと読んでいたかったです…!!

    十亀に良かったね、万と幸せにねと心から言ってあげたい( ;∀;)

  • 同時発売された漫画「キャッスルマンゴー」に登場するキャラクター・十亀の前日譚と後日譚を描いた小説。
    漫画の方は読んでいないので小説だけの感想になりますが(あとがきまで読んで漫画版に気付きたくちでして)、全編に不思議な空気感が漂う物語でした。BLらしい駆け引きはありませんが、ひとりの男の人生、彼の抱く諦念と渇望を描いた物語として単純に読み応えがありました。また前編の極貧生活や、後編で描かれる映画撮影の様子が描写が緻密で魅了されました。機会があれば漫画の方も読んでみたいですね。

  • キャッスルマンゴー読み終わって、1年以上経ってるかもしれませんが、ようやくこちらも読み終えました。
    前半は十亀の高校時代の話。後半は万とのその後の話。
    前半は重いです。とにかく重い。十亀の家庭環境の過酷さが。でもそれでもかなり飄々としてて、達観してますが。
    一匹狼の十亀によく喋るクラスメイト二宮は興味を持つ。彼が人の食べ残しを漁っても、公園で寝ていても、それが何?という態度に気になって仕方なくなる。
    いつしか「金魚係」の彼は十亀の机に食パンを突っ込み、餌付けを始める。
    だんだん、十亀の家庭が経済的に苦しいこともわかってきて、それでも十亀を気にしていた。
    父がアル中で、病院に入院していて、母は幼い頃に死んで、姉は中卒で働いて借金を返して・・・。そんな環境の彼がある日、家族の全てを失って二宮の前に現れて・・・。
    後半は十亀の仕事で楽しみにしていた旅行に行けなくなって、喧嘩した十亀と万。尾道でのロケに参加している十亀の元にエキストラとして万が現れ・・・。って話だけど、後半は十亀と万の話っていうより、映画の撮影現場の話か?というくらいそっちに紙幅取られてますが。

  • 【リバーズエンド】
    十亀の過去(主に高校時代)のお話・・・予想していたよりもキツかった!!ダメージ受けた・・・。
    ネタバレになるので詳細は省くが、最後の二宮との再会シーンがあった事で救われた気がする。
    そして何より、後半には十亀と万のその後のお話が待ってると思えたから立ち直れたとも言えるw

    【god bless you】
    『キャッスルマンゴー』2巻の最後のシーン(帰宅した十亀がベットで寝ている万にキスして起きた後・・・)の続きから始まり、相変わらずの万の可愛さに悶えました///
    十亀視点の為、十亀の仕事場である映画のロケ現場がメインですが、なかなか興味深く楽しめました♪
    そして、十亀の仕事場だけに・・・万が足りない!と思うかもしれませんが、最後には可愛い万を堪能できるシーンがありますのでお楽しみに♥
    (このシーン・・・ムクさんのコミックスで読みたい←)

  • きっと酷く痛ましい話なのだろうことが想像できて、買ってからもなかなか読み出す勇気が出なかった。
    前半の『リバーズエンド』
    思った通り、十亀の半生の陰惨さに胸がつぶれそうになる。いつでも死が隣りにあって、それでも媚びず、卑屈にならず、人間としての尊厳を失わず家族で寄り添って生きてきたのに、そんなぎりぎりの矜持さえも粉々に砕かれてしまうような不運。
    自分の命まで代償にせざるを得なかった姉小春の気持ち。そして全てを失った時、今度は自分がその対価を支払う役回りを負わされる十亀。
    その代償の大きさに、理不尽さに、十亀は絶望する。
    何も持っていなかったから、何もかも諦めてきたから、すべてをありのままに受け止めて生きていくしかなかった。けれど持っていないことより、失くすことの方がずっと恐ろしいのだと思い知らされる。
    同級生の二宮とまさかの再会後、恋愛対象にはなれないけど、一度くらい自分を投げ出して寄り添ってあげればよかったと思ってくれていたことがわかって十亀も随分救われたんじゃないだろうか。
    いたずらに悲惨さを煽るようなトーンではなく、どこか諦観したような、淡々とした語り口のせいか、話の中身が痛ましいわりにはするすると読めてしまう。
    後半の『god bless you』
    十亀が参加する映画のメイキングの話はなかなか興味深かった。
    怖がりで、踏み込めない十亀に真っ直ぐに食らいついていく万が若々しくてかわいらしい。
    悲しい過去は消せないけれど、いまは幸せなんだと安心できるエンド。

  • んー•••泣ける。

    ヒゲと少年に萌えるw

  • 2013/10/31
    【好き】漫画「キャッスルマンゴー」のコラボ作品で十亀の高校生時代と漫画のその後(十亀視点で1~2年後)。 監督を目指している:十亀×高校生:万(よろず)。 年の差CP。 十亀の過去は酷い。 亡くしてしまった家族に愛されていた一点のみが彼の人生の救いであり、失うことへの怖さから執着を捨てることで自分を成立させてきたんだろうな。 万に愛されることで少し抜け出せて良かったが、十亀の過去が過去だけに重さと息苦しさはどうしても残る。 映画撮影の様子や登場する脇キャラたちの様子など舞台設定は面白くて◎。

  • 漫画と相補的な小説。
    書き下ろしの映画の制作現場の話がすごく描写が鮮やかで面白かった。

  • 発売日に購入していましたが、何となく勿体無くて読めず…ようやく読みました。読み終わって、何だか胸がいっぱいになりました。十亀の過去話は壮絶な貧乏でわたしには想像もできない位。好きなだけご飯が食べられて、あたたかい家があるのは幸せなんだなぁと改めて感じました。二宮も吉田も磯野も十亀の周りに良い人が居てくれて良かった。印象的なのは「一般的に見て不運だったかもしれないが、不幸ではなかった」という所。最後、自分は幸せなのかもしれないと気づいたってじーんとしました。万も十亀もこの幸せが続きますように

全52件中 1 - 10件を表示

リバーズエンド (Holly NOVELS)のその他の作品

木原音瀬の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

リバーズエンド (Holly NOVELS)に関連するまとめ

リバーズエンド (Holly NOVELS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする