生田さんちのこめ王子 (Holly NOVELS)

  • 84人登録
  • 3.57評価
    • (2)
    • (14)
    • (13)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : さとみちる
制作 : 草間 さかえ 
  • 蒼竜社 (2013年5月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883864195

生田さんちのこめ王子 (Holly NOVELS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 田舎で農業を営むトラウマ持ちゲイな攻と、就職難の末に就職した会社が倒産し、途方に暮れていたところを攻に拾われて地域興しのこめ王子になった受の、ハートフルなハッピー農業ライフものです。
    受の一人称なのですが、正直なところ一人称を書くには作者の力不足を感じずにはいられません。
    が、勢いがあるのでそのあたりを無視できたら最後まで一気読みです。

    前作も里山体験ものでしたが、今回はさらにパワーアップした本格農業BLです(笑)
    離農によって過疎化していく田舎町を何とかすべく、こめ王子というプロジェクトを立ち上げて就農者を増やしたり地域興ししたりする話なんですが、なんちゃって田舎体験したい方にはおすすめです。
    コメディとシリアスの中間という、なんとも言えない中途半端感がありますが、ガチムチで面倒見のいい攻と、少し天然入った素直受という絶妙に癒されるカップリングに、読んでてほっこりしました。
    穫れたて新鮮野菜や、てりてりねっちりな炊きたてご飯がやたら出てくるので、深夜の飯テロ具合もなかなかのもの。

    この作品で描写される田舎がどの程度かは分からないですが、結構真面目に農業について描写されています。自然災害、虫や病気はガン無視なので、実際にはこんな甘いもんじゃないですが。
    ご近所付き合いや、田舎の嫁姑問題なんかもちょろっと出てきたりして苦笑い。
    その辺はマイルドに濁されているので苦痛は感じませんが、実際の農村の閉鎖的で保守性の高い、噂がひとっ飛び感もないので妙に明るく不自然なのが現実味に欠けてます。

    大自然の中で人間の原始的な営みをしながら、攻と受が徐々に近づいていく様子は、作物の実りの過程を見ているようで楽しかったです。
    年の差があるので受の素直っぷりが遺憾なく発揮されていて、ふたりで仲良く百姓やる姿は微笑ましい。桃色シーンも恥じらいと開けっぴろげ感が絶妙で、もの凄く萌えました。
    この受本当に真っ直ぐで可愛い。考えなしで我儘なところがあるので、好き嫌いが激しく分かれる性格ですが、甘やかされた末っ子なんてこんなもんだと思うと、それすら可愛い。
    そして攻が格好いい。セレブ攻がスポーツジムで作り上げた人工的な腹筋もいいですが、力仕事で自然と割れた腹筋攻のなんと眩しいこと! 

    あー楽しかった。
    PCだスマホだラインだに疲れてる方はぜひどうぞ。
    はぜ掛け米うめ~ってなります。

  • 百姓・数多×こめ王子・万里。ほのぼの農業ライフ♪ 万里がこめ王子としてお米と共に成長していく様子が微笑ましい。数多への想いもゆっくりと育っていく様子が丁寧に書かれているので、読んでいてがんばれーって応援したくなるお話でした。自然の描写とか、前作もそうですがとても上手に表現されていてほっこりする♪ 美味しいお米が食べたくなりますよね

  • こめ王子。タイトルがのんびりし過ぎていて発売直ぐに購入していたのにもかかわらず今まで積み本にしていました。
    ツイッターやブログなどで最近目にする事が多く評判が良かったので私も未読のままだったと読んでみることにしました。
    が、面白い!
    なんで今まで積み本にしていたんだろう、もったいない。

    こめ王子こと万里は就職したばかりの会社が倒産してしまうという災難にあってしまいます。自暴自棄になってつい田んぼに自転車ごとダイブして田んぼの持ち主生田さんと出会います。
    生田さんからこめ王子として田んぼや畑の仕事に携わりPRして欲しいとの依頼を受けることに。

    全体が優しい光に包まれているような心暖まるふわっとした感じのお話です。
    が、生田さんの抑えている感情が切なくもなります。その分最後に二人が結ばれる場面は濃厚ですね。

    是非とも音声化して欲しい作品です。

  • 地域活性化・町おこし系BL、新しいです。
    地域活性化のパート、電気か鶴かのお話、なんとなくうんうんと頷きながら、さくさくっと読めました。
    頼れる攻め×甘えん坊王子のかわいいお話でした。

  • 初読み作家さん。天然王子のほのぼのした王道BLで安心して読めたし草間さんのイラストがピッタリでした。ただくっ付くまでが長いのにちょっと盛り上がりに欠けていたかな。初回PとイラカードSS付き

  • こめ王子いい子だ。

  • 日本人ならコメを食え。コメ大好き。コメ王子万歳!

  • 受けの人が子どもっぽい上一人称なので中学生の日記を読んでいるような気持ちになりました。

全8件中 1 - 8件を表示

生田さんちのこめ王子 (Holly NOVELS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

生田さんちのこめ王子 (Holly NOVELS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

生田さんちのこめ王子 (Holly NOVELS)の作品紹介

就職先の会社が倒産し、龍川万里はヤケになって自転車ごと田んぼに飛び込んだ。田んぼの主でクマのような大男・生田数多に助けてもらった万里は、地元の農業を活性化するために、ゆるキャラ的アイドル「こめ王子」になってほしいと頼まれる。農業に何の興味もないし、何も知らないけど、就職が決まるまでならと万里は王子のバイトを引き受けた。しかし単なるバイトのつもりがガチムチ好きのゲイ・数多やご近所のお年寄り、数多の幼馴染カメ、生田家の猫・ビョーと過ごす農家な毎日はけっこう楽しくって。

生田さんちのこめ王子 (Holly NOVELS)のKindle版

ツイートする